| 26, May, 2017

疑問・お洒落の流儀 其の二 肩掛けニット

朝晩はちょっと肌寒く、日中は夏のように暑いこの時期になると、街でよく目にするのが、ニットの肩掛け。主に薄手のカーディガンやVネックセーターなどを肩に掛け、袖を胸の前あたりに垂らしたり、縛ったりするあの着こなしだ。90年代にはテレビ局のプロデューサーの典型的スタイルとして、お笑い芸人にネタにされて以来、いつの間にやら「プロデューサー巻き」と呼ばれるようになった。この着こなし、やはりダサいのか? ...... READ MORE

| 24, May, 2017

疑問・お洒落の流儀 其の一 半袖シャツ

男には男のお洒落の流儀がある、そうだ。 己のプリンシプルを持ったダンディな男たちは、豊かな知識と経験から、お洒落を志す若輩者たちへと、ありがたいアドヴァイスを繰り返してきた。 でも、本当にそれが正しいのか? 時代とともにお洒落の流儀は変わっていくのではないか? それとも、やはり先人たちの教えは時を超えても揺るがない定義なのだろうか? ここで皆さんと一緒に考えてみたい。 その第一回は「半袖シャツ」 ...... READ MORE

| 12, Apr, 2017

アメリカから2ブランド休止の悲報

 4月に入ってアメリカから悲しい知らせがふたつ届いた。    ひとつは《フッド・バイ・エア(HBA)》のブランドビジネスの休止。そして、もうひとつは《マーク ジェイコブス》のメンズ終了。どうやらともに原因はセールスの不調のようだ。業界の宿命とはいえ、ともに影響力のあるブランドであり、ファンも多かっただけに残念でならない。 ...... READ MORE

| 07, Apr, 2017

加川良の訃報

加川良が天に召された。四月五日のことだった。彼の名前を聞いたのは何十年ぶりだったろうか。懐かしい名前を耳にするのが、訃報とは…。そんなことがこのところ多すぎる。 ...... READ MORE

| 15, Feb, 2017

柳澤健というノンフィクションライター

もう十数年、定期購読している雑誌は『ナンバー』のみ。 ファッション雑誌を作っている立場上、同業他誌も毎号チェックしなければならないのだけれど、いろんな言い訳をして目を通さないでいる。いかん、いかんと思ってはいるのだが。 その『ナンバー』でずっと気になっていた連載が一冊の単行本にまとまったことを、水道橋博士のFacebookで知った。 ...... READ MORE