(Editor in Chief) | 18, Jul, 2018

【これ、買いました。#004】《gicipi》のソフトコットンルーズフィットTシャツ

Tシャツを買うポイントは、プリントと肌触り。

無地なら当然、どれだけ素肌で着て気持ち良いか、で決まる。

イタリアの下着メーカー《ジチピ》の肌触りは、完全に着る者を虜にする。

シャツの肌触りは、値段と比例すると言って良い。

下着なら《ハンロ》や《サンスペル》など、一度知ってしまったら浮気はできないほど、上質な肌触りを提供してくれる。しかし、高価だ。

その点、《ジピチ》ならそこそこの値段で、かなり着心地の良いTシャツに巡り会える。《ジピチ》は1948年創業で、イタリアではほとんどのデパートなどで購入できる国民的下着ブランド。日本の《グンゼ》みたいな存在かもしれない。

IMG_2260

代官山の「JOURNEY」で見つけた《ジピチ》のクルーネックTシャツは厚手ながら、柔らかくて、伸縮性に富んだフライス生地。ボックスシルエットのフーズフィットで、肩もドロップするパターン。これなら、ぽっこりお腹も勃起乳首も安心だ。 値段も税込みで¥5184。つい3色買ってしまった。サイズは4で、Mに当たるそうだ。このほかに、黒やボーダーもあるようだ。チャコールグレーがあると、もっと嬉しいのだが。

IMG_2259

IMG_2262

このTシャツは、裾が短めで、スエットシャツのようにウエストラインがある。これでTシャツのズルズル感は多少解消される。綺麗めなコーディネイトが可能になるというわけだ。

個人的にはもう少しネックバインダーがピシッとしまっていてもよかった。洗っていくうちにどんどんゆるゆるになってしまいそうで不安。一度、乾燥機に入れてみようかとも思ったが、思いっきり縮みそうで、怖くてやめた。せっかくのルーズフィットがピチTになったら、元も子もない。

このルーズ感を活かして、もう少し涼しくなったら、ポロシャツとレイヤードしてみたい。

それにしても、このブランドの写真はいかがなものか? 今時、こんなイケメンをモデルに起用するのも恥ずかしいと思うのだが、そこがイタリアの国民的ブランドなのかもしれない。

日本でのセールスの際は、ぜひモデルに、ハライチの澤部を起用してもらいたい。