(Editor) | 28, Apr, 2020

BUY ART TO HELP PEOPLE ~アート・写真プリントチャリティまとめ②

アート/写真プリントのコロナチャリティ、どんどん増えてきましたね。このブログでどんどん紹介したいと思います。どんどん買いましょう!どんどん人が助かります!

①〜④のまとめはコチラからどうぞ。

 

⑤ Photographs For Trussell Trust

photographsforthetrusselltrust.org

これはUK版の「Pictures For Elmhurst」といった感じです。会期は4月27日~5月6日で、日本時間だと昨夜に始まったばかり。

・値段は一律£100
・オープン・エディション(期間中は枚数制限なく販売、期間以降は再販されない)、サインなし
・一律8.5×11インチのプリント(ほぼA4サイズ)。プリント台紙は、310gsm Giclee Canson のバライタ紙。
・ロンドンのプリンターThe Print Spaceが制作

ドネーション先は、Trusssel Trustというフードバンクを支援する団体。コロナの影響で食料不足に陥る人が増え、フードバンクに訪れる人数は前年比300%にも膨れ上がっているそう。プリント製作費の£10を差し引いた£90が寄付されるとのこと。
送料は世界中どこでも£5。気軽に買えますね。

8bf47bc101ce432cb6beca5c401eda38
Steven Gill  (作品集『Hackney Wick』より! レアで高いんだよなあ)

28a2c50bac914a889c127ee572612884
Mark Borthwick

030ecb04b1944077a0971e165586262b
Mark Power

 

32f61be9a9f44b5a8a23b5c030e812b9 
Senta Simond

 

ce021045e6fe41b789a06410776e3181
Nigel Shafran

 

88634ec614d846cbaea92d894f5f04eb
Martin Parr

マーティン・パーは、他のチャリティ企画でも見かける常連ですね。パーによるチャリティフォトはすべて食べ物の写真で統一されているので、あらゆるチャリティからパーのプリントだけ買うのも良さそう。パーの食べ物プリントが壁に並んでかかっているの、楽しそうですもんね。と、気がついたときには、チャリてじ販売期間が過ぎた作品はもう買えなくなっているのですが。。。

 

 

⑥YES FUTURE

yesfuture.etudes-studio.com

フランスのファッションブランド《Etudes (エチュード)》が主催するチャリティ。

フランスの医療期間を支援する団体 “TOUS UNIS CONTRE LE VIRUS”に寄付されます。会期は5月10日まで。

・値段は一律€100
・リミテッド・エディション(各10枚のみ!)、サインあり。
・24×30センチのプリント
・C-Print on Satin Paper

各10枚ずつのみの販売で、サイン入り。そして豪華出品者たちとあって、多くがソールドアウトしています。まだまだ素敵な作品ありますが。

開始から8時間後くらいに知って、ルイジ・ギッリの作品が出品されているのを見たときは目が飛び出そうになりましたが、もちろん売り切れていました。そりゃ、瞬殺ですよね……。チャリティなんだから、オープン・エディションしてくれ!(欲しいだけ)

 

christianpatterson_yes_future_1733_2048x2048
Christian Patterson

LuigiGhirri-Brest_1972_1733_2048x2048
Luigi Ghirri

NicolaiHowalt_1733_2048x2048
Nicolai Howalt

RONJUDE_1733_2048x2048
Ron Jude

 

 

⑦PRINTS FOR INDIA

printsforindia.com

インドのチャリティです。 
GOONJという支援団体と協力し、コロナの影響を強く受けているインドのさまざまな組織に寄付されるとのこと。会期は5月22日まで。

・値段は一律£80
・オープン・エディション(期間中は枚数制限なく販売、期間以降は再販されない)、サインなし
・だいたい10×12インチのプリント。紙は、Fuji Crystal archive paper with a semi-matt finish。
・ロンドンのプリンターThe Print Spaceが制作

使用通貨がポンドなので、イギリス主導のチャリティっぽいです。プリンターは、Photographs For Trussell Trustと同じですね。PRINTSはミュージアム・クオリティの手焼き写真と記載されているので、Photographs For Trussell Trustももしかしたら手焼きですかね??

出品される写真が、すべてインドで撮られたものという点も面白いですね。眺めているだけでも、インドという国を多角的に見ることができます。

参加するのは、ヴァサンタ・ヨガナンタンやソラブ・フラ(Sohrab Hura)、日本からは千賀健史氏ら。インドの写真家も多いです。

 

スクリーンショット 2020-04-28 1.30.17

スクリーンショット 2020-04-28 1.30.34

 

⑧bym

carrot.tokyo

東京・目黒にあるレストラン「kabi」と、日本橋にあるレストラン「caveman」を支援するプロジェクト。飲食店もほんとに大変な時期ですもんね。。

・値段は一律11,000円
・オープン・エディション、サインなし?
・254×305センチのプリント。
・Archival pigment print

小誌でもお世話になっている小林直人氏や白石晋一朗氏、土屋航氏が参加してます。誌面ではなかなか見られない、よりパーソナルな作品が並んでいます!

 

428079479bf7b7437243068fd5aeb31d (1)
小林直人

6ef6083759d07b6bdb1f39d8ea9bb96d (1)
白石晋一朗

05db76eff3597a6b0aca14f912295104 (1)
土屋航

 

 

 

気軽に作品が手に入るこの機会、せっかくなので楽しみましょう~  善は急げ!

上岡