(Editor) | 30, Apr, 2020

HOT TOPIC -海外セレブ&エンタメ情報-

Them magazineがチェックする海外からのホットトピック。2020/04/30

 

コロナウイルスの影響で、音楽業界やファッション業界も大きな影響を受けている。しかし同時に、アーティストたちは今までになかった新しい方法によって各々のクリエイションを発揮しているのも事実。例えば、トラヴィス・スコットが『フォートナイト』のゲーム内で開催した「Astronomical」イベントへ累計2700万人が参加! 今週末にもまた同じイベントが開催される予定だ。また、海外でも人気を集める『どうぶつの森』ではメゾンのブランドをデザインし、模倣した洋服が流行るだけでなく、サンディー・リアンは自身のブランドのコレクションを提供している。4月上旬には『ヴォーグ イタリア』がモデルのベラ・ハディットを起用し、Facetimeを用いて自宅で撮影したファッションシューティングを公開した。
それに続くように《ジャックムス》も同じ手法でキャンペーンを制作して発表。自宅で撮影、とはいえプロのクリエイションを十分に感じられるビジュアルが完成した。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@jacquemus 2020 @ Home / by my angel friends Simón& @blackpierreange … Best few hours… 💛 Reconnecting…. 💛

Bella 🦋(@bellahadid)がシェアした投稿 –

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

SO HAPPY TO SHARE WITH YOU « JACQUEMUS AT HOME » @steve.lacy CAPTURED BY @blackpierreange SUMMER 2020 #jacquemusathome #facetime

JACQUEMUS(@jacquemus)がシェアした投稿 –

 ベラ以外にもiPhoneで楽曲を作成することで話題になったミュージシャン、プロデューサーのスティーヴ・レイシーやプラスサイズモデルのバービー・フェレイラも登場。ベラのInstagramにはFacetimeでピエール=アンジュ・カルロッティのアドバイスを受けながら撮影に取り組む様子もアップされているので要チェック。普段見ることのできない、ファッションシューティングの舞台裏を見ることができる。

また、Youtubeにて5月2日の午前5時(日本時間)には史上初の試みとなる“在宅ファッションショー”『CR Runway with amfAR Against COVID-19 Fashion Unites』が開催される。仕掛け人となったのはフランス版Vogueの元編集長でファッション界に絶大な影響力を持つファッションエディターのカリーヌ・ロワトフェルド。コロナウイルスの研究に役立てる資金集めも目的とされており、募金金額によってはクレジットに名前が表示されるなど、スペシャルな特典があるとのこと。
今回のショーでは、モデルたちのワードローブの中からカリーヌがセレクト、コーディネートなどをデレクション。メイクはモデルのセルフメイクとなる。そして、注目すべきはショーの参加者たち。マリア・グラツィア・キウリやヴァージル・アブロー、シルヴィア・フェンディ、アレキサンダー・ワンが名を連ねており、ヴァーチャル・ファッションショーを彩る。

CRRunwayXamfAR Website

 

Edit_Marin Kanda.