FEATURE | 26, Mar, 2018

BODYSONG. 2018 F/W COLLECTION

2010年よりスタートしたブランド《ボディーソング》が、Amazon Fashion Week 最終日にランウェイショーを開催した。

《ボディーソング》とは、某デザイン会社とドレスメーカー学院でデザインを学んだ青木俊典氏が2010年に立ち上げたブランド。人間という生物の面白さや生と死について深く影響を受けた、サイモン・パンメル監督による自主映画『bodysong』をブランド名に、「インプロヴァイゼーション(即興性)」のキーワードから生み出されるユニセックスのコレクションを展開。デザイナーの青木氏はファッションだけでなく、アートやデザインのプロジェクトを手掛けている。

スクリーンショット 2018-03-26 11.33.25

東コレ最終日に発表を行ったブランド初となる今回のランウェイショーでは、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音氏が率いる新バンド「ichikoro」の生演奏を実施。ブランド名どおり「ファッションと音楽」この二つの纏った、モトーラ世理奈やアイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである伊藤万理華など、つぎつぎとモデルたちが登場した。

スクリーンショット 2018-03-26 11.33.39

コレクションには、《ノリコナカザト》のデザイナーでもあり、度々コラボレーションを行っているマルチクリエイターでもある、中里周子氏とともに制作したブラウスとハットをはじめ、極端に袖が長いワンピース。カラフルなサコッシュやさまざまなグラフィックが施されたウエアなど、型にとらわれる事無く自由に自身が思うがままに作り上げる青木氏らしいプロダクトがラインナップした。

スクリーンショット 2018-03-26 10.38.47

スクリーンショット 2018-03-26 11.34.53

スクリーンショット 2018-03-26 11.34.43

【STAFF】
Art Director: CATTLEYA TOKYO
Stylist: Koji Oyamada & Yudai Ichinosawa