FEATURE | 24, Aug, 2018

CODE OF MAISON MARGIELA #02 Appropriate the Inappropriate

一流のクチュリエであるジョン・ガリアーノは、《メゾン マルジェラ》のクリエイションをピラミッド構造のもとに表現している。オートクチュールに相当する「アーティザナル」でメゾンの創造性と神秘的なテクニックを追求し、そのアイデアをプレタポルテに、プレコレクションにあたる「アヴァン・プルミエール」コレクション、バッグ、シューズ、そしてフレグランスに反映させていく構造を採用した。ジョン・ガリアーノは、メゾンのクリエイティブ・ディレクターに就任した当初から、このピラミッド型のクリエイティブ構造を、パルファン(香水の原液)がオードパルファンに、そしてオードトワレへと希釈されていくイメージに例えて表現している。メゾンのクリエイションの核をなす“ハウスコード”とは、彼によって提起され、そして常に進化し、ブランドそのものであると同時にデザインプロセスにおいて証明されるものとして位置づけられている。ここではその中にある “New Glamour / Unconscious Glamour” “Appropriate the Inappropriate”“Décortiqué”の3つをひもとく。 

Appropriate the Inappropriate

スキーやセイリング、ガーデニングに海での日光浴など、リラックスした余暇を過ごすためのワードローブにヒントを得た概念。‘Appropriate the Inappropriate(不適切な要素を適切にする)’は、慣れ親しんだ感覚を刺激し、服を着るという行為に新たな解釈をもたらしている。例えば、バスローブにタオルを頭に巻きスパに向かう格好でストリートを歩くといった、場違いで不相応なシーンを一つのスタイルとして適合させている。

Collecting references of a range of pastimes, anything from sailing and skiing to gardening and visiting the beach. ‘Appropriate the Inappropriate’ nails down exactly what it is people wear during these past times before attempting to make them inappropriate. By taking the clothing out of its intended and expected context the garment becomes inappropriate. For example, it is the ritual action of wrapping a towel around one’s head at the spa on the street, John Galliano looks to the wardrobes of leisure pursuits and appropriates the inappropriate.

Maison Margiela RTW SS 2018 Photo Laurent Van der Stockt pour Maison Margiela

DETAILS_2_MM_HOMME_AW18_0043

Les invalides, Paris, France, The 19th of January 2018 Maison Margiela RTW Man AW 2018/19 Photo Laurent Van der Stockt pour Maison Margiela

2017_09_27_MARGIELA_DEFILE_SS18_BACKSTAGE_405

 

MM_ARTISANAL_SS18_DETAILS_0417 3

 

#01 New Glamour / Unconscious Glamour
#03 Décortiqué