FEATURE | 24, Aug, 2018

CODE OF MAISON MARGIELA #01 New Glamour / Unconscious Glamour

一流のクチュリエであるジョン・ガリアーノは、《メゾン マルジェラ》のクリエイションをピラミッド構造のもとに表現している。オートクチュールに相当する「アーティザナル」でメゾンの創造性と神秘的なテクニックを追求し、そのアイデアをプレタポルテに、プレコレクションにあたる「アヴァン・プルミエール」コレクション、バッグ、シューズ、そしてフレグランスに反映させていく構造を採用した。ジョン・ガリアーノは、メゾンのクリエイティブ・ディレクターに就任した当初から、このピラミッド型のクリエイティブ構造を、パルファン(香水の原液)がオードパルファンに、そしてオードトワレへと希釈されていくイメージに例えて表現している。メゾンのクリエイションの核をなす“ハウスコード”とは、彼によって提起され、そして常に進化し、ブランドそのものであると同時にデザインプロセスにおいて証明されるものとして位置づけられている。ここではその中にある “New Glamour / Unconscious Glamour” “Appropriate the Inappropriate”“Décortiqué”の3つをひもとく。 

New Glamour / Unconscious Glamour

メゾンの考える「グラマー」とは何か?例えば、1950年代の象徴や20年代のアクセサリー、あるいはアフリカのある部族の女王から、伝統的なグラマーのアイデアや考え方をリサーチすることからスタートし、現代のグラマーを提案したいと考えた。ジョン・ガリアーノは2017年秋冬「アーティザナル」コレクションにおいて、伝統的なグラマーのシンボルを呼び起こし、グラマーという世界共通である言語を振り返り、メゾンの未来にふさわしいものに作りかえた「ニュー・グラマー」の概念を提起した。

What is it that we equate with glamour? Research and explore traditional ideas and perceptions of glamour, whether it be icons of the 1950’s, accessories from the 1920’s or the queen of an African tribe.For Autumn – Winter 2017 ‘Artisanal’ collection, Maison Margiela is inspired by the idea of new glamour. Evoking traditional symbols of enchantment, John Galliano reflects on the universal language of glamour and re-appropriates it for the future of Maison.

MM_ARTISANAL_AW17_LOOK03_GYG2819 MM_ARTISANAL_AW17_LOOK22_GYG3427 17 F/W ‘Artisanal’ collection

 

Maison Margiela RTW SS 2018 Photo Laurent Van der Stockt pour Maison Margiela

MM_ARTISANAL_SS18_DETAILS_0204 3 18 S/S ‘Artisanal’ collection

LOOK_03_MM_HOMME_AW18_HD 18 F/W Men’s collection

#02 Appropriate the Inappropriate
#03 Décortiqué