FEATURE | 17, Mar, 2017

《VLONE》x《fragment design》Collaboration Collection at THE PARKING GINZA

プレスプレビューにはA$AP Bali本人が登場!特別インタビューも掲載。

NYのハーレムで発足した、ヒップホップ界でその名を知らぬ者はいないグループ「A$AP Mob」。そのメンバーであるA$AP Bariを中心に展開しているストリートブランド《VLONE》と、藤原ヒロシ氏手がける《fragment design》のコラボレーションコレクションが発表された。

コラボレーションを記念し、3月18日から20日まで「THE PARK・ING GINZA」にて限定のポップアップショップが立ち上がる。

 

0314_p_53_33067408530_o 0314_p_46_33410316376_o 0314_p_76_32636556563_o

 

アイコニックなオリジナルグラフィックが配置された今コラボレーションコレクション。Tシャツ、フーディー、ボンバージャケットやレザージャケットなど、幅広いラインアップで展開される。これらはすべて東京限定のコラボレーション商品となり、いずれも完売必須な屈指の出来上がりだ。

 

IMG_3387 IMG_3388

 

《VLONE》と《NIKE》とのコラボレーションとなる「NIKE AIR FORCE 1 VLONE」も《VLONE》本国の運営方法に基づき抽選販売される。ポップアップショップ開催期間中に《VLONE》商品を税抜き30,000円以上買い物をすると抽選に参加することが出来る。

 

IMG_3407 IMG_3430

 

今夜行われたプレスプレビューのために、A$AP Bari本人も来日。

会場にはたくさんの人が駆けつけ、DJがかけるノリのよいHIPHOPミュージックとともに、熱気を帯び盛り上がったイベントとなった。

イベント直前に幸運にもインタビューの機会を得ることができたので、A$AP Bariにコラボレーションコレクションについて訪ねてみた。

 

Q, どのように《fragment design》とのコラボレーションは始まりましたか?

A$AP Bari(以下Bari): まず藤原さんがオファーをくれたんだ。それでパーキングが今月末にクローズしてしまうこともあって、藤原さんとコラボレーションした東京限定のコレクションを作ろうと決めたんだよ。

 

Q, 制作の際、藤原さんとどのようなコミュニケーションがありましたか?

Bari: お互いの好きなものを話し合ったり画像を送り合ったりして、それらをミックスさせてできあがったんだ。俺もヒロシもボンバージャケットやフーディーが好きだから、それをやろうということになった。自然な流れだったよ。

 

Q, このグラフィックはどのように作りましたか?

Bari:《VLONE》の象徴的なVのロゴと、オレンジというブランドカラーを基本に《fragment design》のエッセンスを加えて作ったんだ。

 

Q, 東京をどう思いますか?

Bari: 俺の出身地であるNYみたいだよ。とても忙しく、眠らない街さ。クールな奴らがいっぱいいるし、アジア版のNYといえるね。NYと東京の差は、たくさんのアジア人がいるかいないかさ。笑 ほんとになにも変わらないんだよ。ただ東京の電車は24時間動いていないから、終電を逃して路上で寝ている人をよく見るね。笑 違いはそれだけさ。クールな服やスタイル、そしてたくさんのファッションキッズがいるね。

 

 

「THE PARK・ING GINZA」は開店より1年となる3月31日をもって、惜しまれながらも閉店となる。駐車場が隣接するという、これほど画期的なショップはもうしばらく現れないだろう。この3連休中に再度訪れ、改めてその空間を目に焼き付けたい。

「THE POOL AOYAMA」や「THE PARK・ING GINZA」と、ファッション界を席巻し続ける藤原ヒロシ氏。次はどんなムーブメントを巻き起こすのだろうか。

 

店舗情報

【THE PARK・ING GINZA】

東京都中央区銀座5-3-1 ソニービルB3F

Tel: 03-6280-6885

 

Edit_KO UEOKA