“PRESTON BUS STATION”(C) Jamie Hawkesworth

| 22, Nov, 2017

ジェイミー・ホークスワース 写真集「PRESTON BUS STATION」

 

いまやイギリスを代表するフォトグラファーの一人であるジェイミー・ホークスワース。彼は著名雑誌でエディトリアルを手がける傍ら、《JWアンダーソン》や《ロエベ》、《アレキサンダー マックイーン》のキャンペーンの撮影も担当し、最近では《ユニクロ》と《JWアンダーソン》のコラボコレクションのキャンペーンを撮りおろしたのも記憶に新しい。その広く知れ渡る名実から、この度発売される作品集が彼にとって初めてのものだと知ると驚く人もいるかもしれない。

スクリーンショット 2017-11-22 18.26.55

“PRESTON BUS STATION”(C) Jamie Hawkesworth

その作品集のタイトルは「PRESTON BUS STATION」と名付けられた。2010 年にイギリス北部のプレストンに在住していたジェイミーは、アラップ社が1969年に建造したブルータリズム様式建築によるバスターミナル「プレストン・バスステーション」に目を奪われたという。「当時、写真の先生であったAdam Murrayと一緒にあるプロジェクトを行なっていたのです。それは週末にプレストン・バスステーションに行き、そこで見かけた様々な10代の若い子たちのポートレイトを撮影して、ニュースプリントの冊子にまとめることでした」。数年後、この象徴的な建築物が取り壊される話を聞いた作者はある決意をする。「プレストンに戻って、1ヶ月間毎日プレストン・バスステーションで撮影をしようと思いました。バスターミナル は一続きになっていたので、目に留まる人たちがひょっこり現れないかと毎日、そこを一日中歩き回っていました。それ以上のことは特に考えないことにして、気になった瞬間に誰であろうと撮影しました。あの場所はメガバス(格安高速バス会社)も利用できたので、北の方からプレストンを経由して南に向かうなんてこともあったし、本当に面白い人たちで溢れていたんです。良さそうな人を見つけたらお願いしてポートレイトを撮影していたのですが、なるべく自然に依頼するようにしていました。おじいさんや、おかしな髪型をした人、おもしろい靴を履いた子供とか、とにかく色々な人を撮らせてもらいました」

本書は、プロジェクト開始から7年の時を経て単独の作品集としてNYの書店であり出版社でもある「Dashwood Books」より刊行される。その記念として作家の来日も決定し、11月24日(金)に「DOVER STREET MARKET GINZA」にてサイン会が開催、翌11月25日(土)には代官山 蔦屋書店に在館することとなっている。

PRESTON BUS STATION (C) Jamie Hawkesworth_04

“PRESTON BUS STATION”(C) Jamie Hawkesworth

作家は写真集と同名の映像作品も発表している。子供たちが謳い、楽器を演奏しながらバスステーションを練り歩く様子を収めており、ドキュメンタリーである写真集とはまた違ったコンテンツとなっている。映像は下記リンクにて見ることができるので、併せてチェックしてその理解を深めたい。

http://www.mapltd.com/artist/jamiehawkesworth/motion/32209

 

 

『PRESTON BUS STATION』by Jamie Hawkesworth 刊行記念サイン会

(1)

TERM 11月 24日(金)

TIME 18:00 – 20:00

PLACE DOVER STREET MARKET GINZA 3F

ADDRESS 東京都中央区銀座 6-9-5

TEL 03-6228-5080(代表)

(2)

TERM 11月 25日(土)

TIME 19:30 – 20:30

PLACE 代官山 蔦屋書店2号館1階アートカウンター

ADDRESS 東京都渋谷区猿楽町17-5

TEL 03-3770-2525(代表)

 

書籍概要

PRESTON BUS STATION

ジェイミー・ホークスワース(Jamie Hawkesworth)

出版社: DASHWOOD BOOKS

仕様: ハードカバー / 196ページ / 236 x 305 mm /カラー / 英語 / 2017年刊

発行部数: 2,000 部

販売価格 12,000 円(税別)

PRESTON BUS STATION by Jamie Hawkesworth