| 22, Dec, 2017

《Maison Margiela》‘REPLICA’ Eau de Toilette 「Sailing Day」「Music Festival」/ ‘REPLICA’ Eau de Parfum 「Wicked Love」

《メゾン マルジェラ》のコンセプトを体現したフレグランスシリーズの新作が登場

さまざまな年代のアイコニックな服を再現する《メゾン マルジェラ》の「レプリカ」コレクション。洋服が本来持つ由来や文化に敬意を表したコレクションから着想を得たという「レプリカ」フレグランスに、新たに3種類の香りが加わった。

MMM_REPLICA_Flacon_Sailing Day_ss reflet
MMM_REPLICA_Flacon_Music Festival_ss reflet
‘Sailing Day’と’Music Festival’と名付けられた2つのオードトワレは、これまで発表された10種同様、イメージや印象、感動や潜在意識に語りかけ、一人ひとりの想い出や記憶を呼び覚ますコンセプトを表現している。
‘Sailing Day’は2001年のパロス島でのセーリングがインスピレーション源。空と海に包み込まれたようなフレッシュな香りが清々しい感覚を呼び起こす。かたや1969年のウッドストックをイメージした‘Music Festival’はパチョリに新しい解釈を見出した、トランスのような嗅覚の道なる世界へと誘うウッディーな香りが特徴。ロックミュージックに体が動かされ、高揚した気持ちや感覚を目覚めさせる。

MMM_REPLICA_EDP_WICKED LOVE
オードパルファン‘Wicked Love’は、クリエイティブ・ディレクターであるジョン・ガリアーノが手掛ける「アーティザナル」コレクションの世界に共鳴し、「レプリカ」オードトワレを発展させたオードパルファンの新作。記憶のリアリティを超越したファンタジーや夢の世界、さらにその先にある未知の世界へと誘う。5種類目となる‘Wicked Love’は、スリルに満ちた危険な情熱を表現。惹かれ合う2人が嵐の夜に逢瀬を交わすような、許されぬ愛、禁断の愛を記憶に呼び起こすローズの香りが特徴だ。

「レプリカ」コレクションから生まれた、メゾンのコンセプトを体現するフレグランスの新作。クリスマスシーズンのプレゼントにも申し分ないが、まず自分へのギフトとして買いたくなってしまうプロダクトだ。

Maison Margiela ‘REPLICA’ Eau de Toilette
「Sailing Day」
トップノート:アクアティック、アルデヒド、ジュニパー
ミドルノート:コリアンダー、アイリス、ローズ
ベースノート:レッドシーウィード、アンバーグリス、アンバーウッド
「Music Festival」
トップノート:ウィード、ヴァイオレットリーフ、レッドアップル
ミドルノート:パチョリ、バルカンタバコ、インセンス
ベースノート:レザー、ヴァージニアシダーウッド、サイプレス
100ml ¥12,000(+TAX) for each

‘REPLICA’ Eau de Parfum
「Wicked Love」
トップノート:グリーンペッパー、バジル、ウォーターヒヤシンス
ミドルノート:エジプシャンジャスミン、センティフォリアローズ
ベースノート:シダーウッド、ホワイトムスク、ベチバー
100ml ¥18,000(+TAX)