| 12, Mar, 2018

ECAL Design for Luxury and Craftmanship at The Mass

「The Mass」にてスイス・ローザンヌ美術大学の学生展が開催

スイスのローザンヌ美術大学 (ECAL)といえば、デザインや写真、グラフィックデザインなどの芸術分野で国際的な知名度を誇る学校だ。学校という垣根をも飛び越えた活動でも知られ、企業とのコラボレーションや他国での展示など幅広い形で生徒を支援している。同校の写真科は、《ピエール アルディ》とのコラボレーションとして日本でも写真展を昨年開催した。(その時のインタビューはこちら。

そして今回東京・神宮前のギャラリー「The Mass」で開催されるのは、ECALのコースの一つ「The Master of Advanced Studies in Design for Luxury and Craftsmanship」の学生による作品展だ。このコースでは高級時計の制作、食器、ファッション、グルメ、美術工芸などの様々な卓越した分野のデザインや技術教育を行っている。

 

d. Leather backpack for Vacheron Constantin designed by Alexis Tourron (France) photo by Jonas Marguet sd

 

会場には、《エルメス》の「petit h」というプロジェクトや、クックウエアメーカー《Mauviel》など、様々な企業とのコラボレーション作品を展示。そのプロトタイプに加え、モックアップやイラストレーションスケッチも公開され、学生の制作プロセスを伺うことができる。

展示は3月24日から4月22日まで開催。これからの活躍が期待される学生の、フレッシュな感性を目撃せよ。

 

ECAL Design for Luxury and Craftmanship
TERM 3月24日(土)〜4月22日(日)
TIME 12:00 ~ 19:00
PLACE The Mass
ADDERESS 東京都渋谷区神宮前5-11-1
themass.jp