| 01, Jun, 2018

『駿河台 矢口』OPEN

矢口憲一氏が美容室『駿河台 矢口』をオープン。

弊誌でも度々お世話になっている矢口憲一氏が、千代田区・神田駿河台に美容室『駿河台 矢口』をオープンした。

IMG_6590店舗は新御茶ノ水駅から徒歩5分、神保町駅からは徒歩10分の場所に位置するビルの2階で、一見そのビルのオーナーの自宅入り口かと思ってしまうようなドアを開け、目の前の階段の先。

IMG_6591その階段を上がって最初に目に入るのは、透明のガラスに金色のインクで手書きされた「駿河台 矢口」の文字だ。命名は山本康一郎氏、『POPEYE』のアートディレクターを務める前田晃伸氏が、この印象的なロゴのデザインを手掛けたという。

IMG_6592店内には、ロイ・リキテンスタインの「Red barn II, poster for the Museum Ludwig Köln」が飾られているほか、駿河台を通じて親交が深まったレコード愛好家 綾部徹之進氏の私物の音響機器が配されており、洗練された空間が広がる。

IMG_6594以前は表参道の美容室で約7年、働いていた矢口氏。東京のファッションの中心的な場所を離れ、今回なぜ駿河台に出店を決めたのか。「これからも一生アートの世界にいると思うと、表参道で洋服をぶらぶら見て歩くよりも、歴史ある本屋が数多く立ち並ぶ神保町やマニアックな趣味を持った人たちが集い、出会うことができる駿河台をぶらぶらしたいと思ったんです。あとは歴史があり、面白い人たちもいるこの町に響いて、ここに集ってくれる人たちが増えたら良いなという思いも込めてです」と、矢口氏は答える。

今後は駿河台の魅力も伝えながらサロンとしてのクリエイションを発信するZINEを不定期で配布する予定となっており、現在製作中の1号目は改装前の同店で撮影したモデルカットや近辺の飲食店の取材など、ハードボイルドなコンテンツが掲載されるとのこと。

IMG_6595
IMG_6596同店の利用については完全予約制となっているので、店舗直通の電話番号または矢口氏のインスタグラム アカウントからアポイントをお忘れなく。価格はカットが6000円、カット&パーマは12000円〜で、カット&カラーで12000円〜。学割もあるので、詳しいプライスは同店までお問い合わせを!

【駿河台 矢口】
住所: 東京都千代田区神田駿河台3-5 大池ビル2F
(1Fのギャラリー隣にあるドアを開けた先)
電話: 03-5577-3271
Instagram: @kenichi_yaguchi
※完全予約制