| 19, Sep, 2016

DIESEL 30TH EVENT

《DIESEL》日本上陸30周年記念イベントを開催。

9月6日、東京の寺田倉庫にて《DIESEL》が日本上陸30周年を記念したイベントを開催した。

これまでにも様々なショーが行われてきた寺田倉庫には今回、日本のアンダーグラウンドなカルチャーからインスパイアを受け近未来の地下鉄のような空間がつくられた。
DIESEL 2

会場ではNicola Formichettiのキュレーションによる、1978年のブランド設立時から今日までの《DIESEL》の代表的なコレクションを展示したアーカイブのエリアが設置されたほか、フォトグラファー Terry Richardsonの撮影によるブランドプロジェクト『#forsuccessfulliving』のビジュアルが世界で初めてお披露目された。このビジュアルは日本を皮切りに今後世界中で発表される予定だ。

当イベントのメインであるショーでは、「ロック」と「ミリタリー」、「デニム」をテーマに現在展開中の2016年 A/Wコレクションと、30周年のために特別に企画された“TOKYO”というキーワードでジャパンメイドにこだわって制作した《N.HOOLYWOOD》とのコラボレーションアイテムをはじめ、ブランドが長年サポートしている「ITS」の2015年 OTB AWARD受賞者である小池優子氏監修による着物や藍染めに代表される花柄など、日本の文化にインスピレーションを得て生みだされる世界観と、《DIESEL》のロックでアイロニックなムードが融合したコレクションが発表された。

DIESEL 3

オープニングは水原希子がランウェイを飾り、Sita Abellan、Sara Cummings、Kurumi Emond、Manami Kinoshitaも登場。旬のイットガールたちのキャスティングで《DIESEL》らしい自由な発想と創造性の型にはまらないスタイルを表現し来場者を魅了した。

ショーの後には、カラフルなサインが立ち並ぶネオ東京な雰囲気の中で、日本を代表するラッパー ANARCHYのサプライズライブ、 DJ DARUMA &JOMMY によるDJタイムも開催され、国内外からイベントに駈けつけた来場者を大いに盛り上げた。

アーティスティック・ディレクターNicola Formichettiは、「日本は僕が生まれたところであり、何かをクリエイティブする上で常に重要な役割を果たしている。インスピレーション源であり、僕という人間の大部分を構成している。だからこそディーゼルのアーティスティック・ディレクターとして、日本での記念すべき30周年を祝えるということは、夢のような気持ちだよ。今後の展開を楽しみにしていて!」とコメント。

さまざまなアプローチで前進し続ける《DIESEL》のパワーとエネルギーに満ちた日本のカルチャーを随所に反映した今回のイベントは、日本上陸30周年を祝うのに相応しい特別な一夜となった。

#dieseljapan30
【Fashion Show Credit】
ARTISTIC DIRECTOR- NICOLA FORMICHETTI
STYLIST-SHUN WATANABE (SW’NG)
ART DIRECTION/STAGE DESIGN-TOMOCHIKA KOMORIYA (VISIONS AND PARADOX CO.,LTD.)
PRODUCTION-VISIONS AND PARADOX CO.,LTD.
HAIR AND MAKE-UP DIRECTOR-KATSUYA KAMO(KAMO HEAD)
MUSIC-JOMMY