| 10, Sep, 2019

Schott CHARITY ONESTAR PROJECT VOL.1

気鋭のクリエイターたちが《ショット》のレザー・ジャケットをカスタムしたチャリティプロジェクトを実施。

 アメリカのレザーブランド《ショット》は、国内外で活躍する様々なクリエーターとコラボレーションしたチャリ ティプロジェクト「Schott チャリティ・ワンスタープロジェクト」をスタートする。
 本プロジェクトは、ブランドを象徴するダブルライダースジャケット「ONESTAR(ワンスター)」にクリエーターが独自のカスタマイズを施して販売、すべての売上およびクリエーターのギャランティを米国Schott社より「Doctor Without Borders~国境なき医師団」に寄付するというものだ。
 《ショット》の歴史は1913年に遡る。ニューヨークでショット兄弟によって立ち上げられてから、これまでにライダースジャケット史に大きな影響を与えてきた。その長い歴史の中で、ブランドの名を世界に知らしめたのが50年代に発表された星型のスタッズをエポレットに配した伝説のモデル「ONESTAR(ワンスター)」だ。本プロジェクトはブランドの象徴とも言えるモデルのライダースジャケットが、5名のクリエイターの手によって、それぞれの作品へと昇華された。
 プロジェクト第一弾には、《バックラッシュ》の片山勇氏、《メゾン ミハラヤスヒロ》の三原康裕氏、《ランブルレッド》 牧野渚女史、《エイチティーシー》のジップ・スティーブンソン氏、ピンスト ライプアーティストのケン・ザ・フラットトップ氏の5名が参加した。 

Schott ×BACKLASH
“HOODIE RIDERS MIX COLOR”

RED×BLUE×BLACK size:42 ¥430,000 +(TAX)
RED×BLUE×BLACK size:42 ¥430,000 +(TAX)
WHITE×BLUE×BLACK size:40 ¥450,000 +(TAX)
WHITE×BLUE×BLACK size:40 ¥450,000 +(TAX)
BLACK×BLACK size:42 ¥380,000 +(TAX)
BLACK×BLACK size:42 ¥380,000 +(TAX)

 多くの有名ミュージシャンも愛用するレザーブランド《バックラッシュ》。デザイナーである片山勇氏は3着の「ONESTAR(ワンスター)」で2着を製作。足りない部分には《バックラッシュ》のオリジナル素材が使用された。また、染色にもこだわりを感じる仕上がりとなっている。

 

Schott×Maison MIHARA YASUHIRO
“Melted Cutting Edges”

“Melted Cutting Edges” size:38 ¥180,000 +(TAX)
“Melted Cutting Edges” size:38 ¥180,000 +(TAX)

 《メゾン ミハラヤスヒロ》はウェア、シューズと もにデザイン性の高さと素材へのこだわりが、国内外から高い評価を受けているブランドだ。2020年S/S のパリコレクションで発表したトリックディテールをレザージャケットに施したことで、より立体的に、且つ、レザー自体にインパクが加わっている。また、表面に施した無数のダメージ加工は、タバコの火で革が溶けて、穴が空いたイメージで製作された。

 

Schott×RUMBLE RED
“10 YEARS VINTAGE PAINTING MILITARY CUSTOM”

WHITE size:S ¥138,000 +(TAX)
WHITE size:S ¥138,000 +(TAX)
RED size:S ¥138,000 +(TAX)
RED size:S ¥138,000 +(TAX)

 デザイナー牧野渚女史とクリエイティブディレクターの牧野陽平氏によって2014年にスタートした《ランブルレッド》。2019年「Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」を受賞している。ペイントによってヴィンテージの風合いを感じさせ、ホワイトとレッドのラインがミリタリーテイストをプラス。《ランブルレッド》らしい仕上がりとなっている。

 

Schott×HTC
“GO FOR IT”& “So Cal”

GO FOR IT size:40 ¥200,000 +(TAX)
GO FOR IT size:40 ¥200,000 +(TAX)
So Cal size:38 ¥190,000 +(TAX)
So Cal size:38 ¥190,000 +(TAX)

 長年《ショット》との協業を続けてきた《ハリウッドトレーディングカンパニー》、通称《エイチティーシー》は1930-50年代のヴィンテージスタッズベルトを自身の手で再現しようとしたことからスタートしたブランド。本ブランドのデザイナーであるジップ・スティーブンソン氏によって、バックに手打ちのスタッズが打ち込まれた。

 

Schott×KEN THE FLATTOP
“PINSTRIPE VERSION”& “LETTERING VERSION”

PINSTRIPE VERSION size:42 ¥150,000 +(TAX)
PINSTRIPE VERSION size:42 ¥150,000 +(TAX)
LETTERING VERSION size:40 ¥150,000 +(TAX)
LETTERING VERSION size:40 ¥150,000 +(TAX)

 ケン・ザ・フラットトップ氏は1994年より車、オートバイ、ヘルメット、サーフボード等のピンス トライプ、カスタムグラフィックペイント看板など幅広く手がけてきたピンストライパー アーティストだ。バックと袖、に配されたピンストライプは、《ショット》の2019年A/Wシーズンテーマである、ボブ・ディランの「BLOWIN’IN THE WIND」の歌詞がイメージソースとなっている。

 一着はワードローブに手に入れたい《ショット》のレザージャケット。今回は、ブランドの代名詞ともいえる「ONESTAR(ワンスター)」がクリエイターの手によってカスタマイズされ、ブランドの歴史と個性が融合したジャケットは、それぞれ特別な仕上がりとなった。また、本イベントで購入することでチャリティの一翼を担うことができる。ぜひ店頭でクリエイターたちによる珠玉のアイテムをチェックしてほしい。

 

【購入方法】※抽選での販売
9月14日(土)から9月30日(月)までの期間、10点の作品はSchott Grand Store TOKYO店に展示。
ご購入希望のお客様は店頭スタッフまでお申し込みください。予約カードにご記入いただきます。また、ご来店できないお客様はお電話にてお申込みください。9月30日(月)営業終了後に厳正なる抽選を行い、各1点に付き、ご購入権利獲得者各1名様が決定します。当選者様にはSchott Grand Store TOKYO店スタッフより当選のご連絡を差し上げます。外れたお客様にはご連絡がいきませんので、あしからずご了承ください。

 【引き取り方法】
10月14日(祝月)までに店頭までお引き取りに来られるか、ご来店できないお客様には発送でお送りいたします。その際は、クレジットカードでのお支払いになります。10月14日までにお引き取りに来られなかった場合は、次点のお客様にご購入権利が移行いたしますことを予めご了承ください。

【抽選後の販売に関して】
9月30日までのご応募期間中に、ご注文がなかった商品に関しましては、10月1日(火)よりSchott Grand Store TOKYO店で通常販売となります。先着順となりますので、売り切れの際はご容赦ください。

【問い合わせ先】
Schott Grand Store TOKYO
〒150-0041
渋谷区神南1-5-4
TEL.03-3464-1913
営業時間:11:00~20:00(無休)