| 11, Oct, 2019

〈X+L+O〉 in 「Objet d’ art」

不完全性や不規則性を表現したデザインエキシビションが開催

 オランダ・アムステルダムに拠点を置くデザインスタジオ「エックスアンドエル」による日本初企画展〈X+L+O〉が、10月11日(金)から10月27日(日)まで、江戸川区小松川の古い倉庫跡地を回収したデザインギャラリー「オブジェ デ アート」にて、開催される。
 「エックスアンドエル」は舞台美術やステージデザインをバックグラウンドに持つサンダー・フェルフォールトレオン・ファン・ボックステルによって1996年に設立された。長年に渡りファッション、写真、広告、展示デザインなどの多岐にわたり活動しており、さらに1点物のハンドメイドオブジェクトや家具を制作している。ハンドメイドだからこそ一点一点に違いができる不完全さや不規則さが、彼らの製品の魅力である。

X+L_SolidRecycledTeakAltar

X+L_visual_2

 

 本展〈X+L+O〉では、家具、オブジェクト、ペインティングのセレクションが展示されるほか、本企画展のために特別に制作されたカディシルクの大判タベストリーでインスタレーションを行う。また同様に、今回の企画展のためにデザインされた特別なテーブルセットも用意された。あわせて展示されるフォトダイアリーには、彼らが旅先や日常の中で撮影されたアート、建築、自然の写真が並ぶ。
 開催に合わせデザイナー2名が来日し、10月11日(金)から13日(日)までの三日間在廊する。不完全な美しさに価値を見出す日本の美意識“侘び寂び”にも通ずる作品たちをその目で体感しよう。

 

X+L_portrait

【開催概要】
会期:2019年10月11日(金)~10月27日(日) (14日, 21日は休館)
時間:11:00~19:00
会場: Objet d’ art
住所:東京都江戸川区小松川4-64