| 11, Nov, 2019

ASICS x KUMA KENGO METARIDE™️ AMU

《アシックス》と建築家、隈研吾によるコラボレーションで新たなランニングシューズが誕生。

 《アシックス》と隈研吾の初のコラボレーションによって、「METARIDE™️」をさらに進化させた「METARIDE™️ AMU」が完成した。このスペシャルなアイテムは12月20日より、全世界2020足限定で発売される。
 このシューズは、「エネルギー消費を抑え、より長く走る」というアシックス独自の発想から生まれ、2019年にリリースした「METARID」をベースに開発された。ニット素材を用いたモノソック構造を覆うアッパー部は、隈氏のアイデアにより日本の伝統的な竹を編む技法〈やたら編み〉から着想を得たデザインとなっており、複雑に交差したライン材の位置や形状は、ランニング時の足をやわらかくしっかりとホールドしてくれる。また、つま先に向かって反り上がった特徴的なソール部は、ふたつの異なるフォーム材を使用したことでクッション性と耐久性という相反する機能を両立した。
 本コラボレーションにあたって、隈氏は「僕たちの作る建築で最も小さなものとしてランニングシューズを作った。竹細工技法のひとつである「やたら編み」のような外皮と、やわらかに足に追従するニット素材の内皮が作る二つのレイヤーによって屈曲やねじれの組み合わさった複雑な動きに追従する動く建築となった」と語っている。その言葉通り、建築という視点から作られたランニングシューズは、デザイン性の高さを追求しながらも走るための機能性をまったく損なっていない。
 《アシックス》の長年の研究と隈氏の稀有な才能によって誕生した一足を必ず手に入れたい。

ホワイト×ナチュラル 23.0-29.0cm(0.5cm刻み)、30.0 cm、31.0 cm  ¥36,000+(tax)
ホワイト×ナチュラル
23.0-29.0cm(0.5cm刻み)、30.0 cm、31.0 cm
¥36,000+(tax)

 

【商品詳細】
発売日:12月20日
アシックス直営店(原宿、心斎橋、梅田)、アシックスオンラインストアで販売。
「METARIDE™️ AMU」特設サイト