| 19, Jan, 2017

《BOTTEGA VENETA》×SCoP

《BOTTEGA VENETA》が、中国で最も名高い美術館とのパートナーシップを発表。

《BOTTEGA VENETA》が中国で最も名高い写真美術館の一つである「上海撮影芸術中心(SCoP)」とパートナーシップを組んだことが発表された。

「SCoP」とは、“新しい文化の回路”と呼ばれる上海市内を流れる黄浦江に沿って広がる西岸エリアに位置する美術館で、中国およびヨーロッパの写真の権威として知られ、ピューリッツァー賞受賞歴のある劉香成氏によって設立された。中国内外の一流の写真作品を幅広いジャンルから集め、展示するほか中国屈指の写真作品を世界に送り出すことを役目として、自ら企画した巡回展を世界各地でおこなっている。

今回結ばれた《BOTTEGA VENETA》と「SCoP」のパートナーシップは、同美術館で開かれる4つの主要な国際的展覧会を支援する。第一弾には『Made In Germany Photography from the 19th Century to Today』と題された、200枚にも及ぶ19世紀から今日までのドイツで撮影したコンテンポラリーの典型ともいうべき作品を幅広く集めた展示が1月11日から4月2日まで開催される。

その後も引き続き、国際的に活躍するフォトグラファーたちによる近年発表した作品を中心とした展示が予定されているとのこと。このためだけに中国に赴きたくなるほど魅力的なスポット。日本での巡回を期待して待つばかりだ。

 

Made in Germany poster