| 21, Jan, 2017

rag & bone Art Project “Houston Project”

《rag & bone》のアートプロジェクト “Houston Project” に、NYが認める若き日本人アーティスト山口歴氏が参加

 

NYのイーストハウストンストリートにある《rag & bone》の店舗に行くと、そのアーティスティックな佇まいに仰天するだろう。

《rag & bone》はブランド創立から15年もの間継続して、多様な形でアートに貢献してきた。その一貫としてこのNYの店舗の外壁を、真っ新なキャンバスとしてアーティストに提供する「Houston Project (ハウストン プロジェクト)」という取り組みがある。

過去には、The Strokesのドラマーであるファブリツィオ・モレッティ、5 Pointzのグラフィティアーティストであるメレス・ワンなども参加したが、今回選ばれたのは日本人アーティスト山口歴氏だ。

山口氏の作品は多色の絵の具の筆跡を切って貼り合わせる「カット&ペースト」という独自の手法により生み出される。今回のプロジェクトではその独特な色使いは封印され、よりソリッドなストロークが際立った作品となった。ライブ感のある生き生きとした仕上がりは、このプロジェクトならではだろう。

 

 

 

アートの力で街を盛り上げる、なんという粋なプロジェクトだろうか。NYまで足を運ぶことはかなわなくとも、メイキング映像が用意されているのでチェックしたい。