| 25, Jan, 2017

CENTER FOR COSMIC WONDER NEW EXHIBITION

《COSMIC WONDER》のギャラリーにて『田中茂雄』展を開催。

ファッションだけではなく、美術や印刷出版など様々な切り口から独自の世界感を発信する《COSMIC WONDER》を体現する場所として知られるCenter for COSMIC WONDER にて2月4日(土)から2月12日(日)の期間中、『田中茂雄』展が開催される。

奈良県の明日香村には、歴史的風土の保存を目的とした「明日香法」という特別な法律が制定されている。その“日本の心の故郷”と呼ばれる場所に工房を構える陶藝家の田中茂雄氏は、2007年に明日香村の築280年の古民家に家族と移り住み、2011年と2016年に穴窯 李渓窯と倒炎式薪窯を築窯。窯変した瓶子や白磁の重箱、オンギなど、古陶器のような深く趣のあるやきものを作陶している。

今回開催される展覧会では、田中氏の作品が数多く展示される他、会期初日の2月4日(土)には作家自身が在廊する。作品に込められた思いや完成に至るまでのエピソードを直に聞くことができる貴重な機会。

古来から現代にまでつづく手仕事や工藝を独自の目線で発信する《COSMIC WONDER》、いずくにかの古から届いたような田中氏の陶器を通し手仕事の魅力を新たに発見する展覧会だ。

 

【会期】

2017年2月4月(土)から2月12日(日)

※2月4日(土) 作家在廊

 

【会場】

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時〜午後7時