| 15, May, 2020

“HARAJUKU BEAMS” ALTERNATIVE COLLECTIVE by BEAMS HARAJUKU

今シーズンの「BEAMS HARAJUKU」によるプレゼンテーションがローンチ。毎週金曜日に“HARAJUKU BEAMS”サイトにて更新される。

 「BEAMS HARAJUKU」は「BEAMS」創業の地であり、メンズカジュアルのフラッグシップショップとして、ファッションとカルチャーをミックスさせて新たなトレンドを発信してきた。過去のファッショントレンド、カルチャーを再解釈し、アップデイトしていく「BEAMS」のスタイルは多くの人々に愛されている。また、このコロナ禍でも、自社のWebサイトでショップスタッフがオリジナルのコンテンツを発信しており、どんな状況でも「BEAMS」のアティチュードは揺るがない。

 そして、毎シーズン恒例となっている「BEAMS HARAJUKU」のプレゼンテーションが今回も発表された。これまで“NEW PAPER”と題したタブロイドや原宿店に特化したサイト“HARAJUKU BEAMS”を立ち上げるなど、原宿店をキーワードに、様々な表現法で行われてきたプレゼンテーションだ。

スクリーンショット 2020-05-15 11.01.42

 今シーズンは「BEAMS」が見ている、今のトレンド、そして新たにディレクターに就任した吉川氏が発信したいスタイルや気分を表現したビジュアルブックが完成。本誌のクリエイティブディレクターとして野村訓市氏が参加した。また、見たことがないと言う人がいないのではないかと思われる原宿・とんちゃん通りの広告も更新され、今シーズンの新たなビジュアルが原宿をジャックする。

スクリーンショット 2020-05-15 11.03.25

 それに加えて、ビジュアルブックのコンテンツを毎週金曜日に“HARAJUKU BEAMS”のサイトでアップしていく。記念すべき第1弾は本日、5月15日。「BEAMS」が今注目している70’Sのエッセンスを組み込み、《ビームス》のオリジナルウエアを軸にして制作したファッションストーリーを公開する。洗練され、現代らしく解釈されたカウボーイの世界観がスタイリストの高橋ラムダ氏とフォトグラファーの岡本充男氏によって完成した。ビジュアルブックは「BEAMS HARAJUKU」がオープンした際は店頭で商品を購入すると手に入れることができるので、今はその日を心待ちにしよう。

【問い合わせ先】
“HARAJUKU BEAMS” Website
beams.co.jp/special/harajuku