| 21, Feb, 2017

《NIKELAB》 DUNK LUX CHUKKA X RT

《NIKELAB》とリカルド・ティッシのコラボレーションラインから新作が登場

 

先日、GIVENCHYのクリエイティブ・ディレクター退任が発表されたリカルド・ティッシ。今後の動向が注目される最中、NIKEとのコラボレーションで再び表舞台に現れた。

リカルド・ティッシは、過去2シーズンにわたりバスケットボールカルチャーに根付いたクラシックシューズである「エアフォース 1」をもとに、新しい発想のコレクションをNIKELABとのコラボレーションで手掛けてきた。

NikeLab_Dunk_Lux_Chukka_RT_8_native_600

今回新たに、DUNK LUX HIGH x RT のもう一つの表現として、ミッドカットの DUNK LUX CHUKKA x RTを発表した。

リカルドが持つスケートカルチャー特有の美学と80年代のバスケットボールがインスピレーションソースな本作。

ブラックxホワイト、ホワイトxブラック、ホワイトxレッドと、レトロでスタンダードな3色展開となっている。

リカルド・ティッシは次のように話す。「DUNKにはとても特別な何かがあると思います。スポーツだけでなくてストリートスタイルのカルチャーにも根付いており、若い世代のいろんなスタイルにフィットします。DUNKはナイキが作った最もアイコニックなシューズの一つだといえます。」

 

NikeLab_Dunk_Lux_Chukka_RT_5_native_600NikeLab_Dunk_Lux_Chukka_RT_3_native_600

 

中足部の大きなスウッシュや、かかとの部材や紐を通すアイステイ部分を大きくするなど、一部のデザインを誇張する表現を前作のDUNKから受けついでいる。また、耐久性を高めるためにフルグレインレザーをアッパーに使用し、シンプルながらも重厚なデザインに落とし込んでいる。

 

NikeLab_Dunk_Lux_Chukka_RT_1_native_600

 

柔らかいクッションを提供するために差し込みタイプのルナロンのインソールを搭載。そして、足をしっかりと包み快適なフィットを実現するためにキルト加工にしたレザーの履き口とシュータン部分にメモリーフォームを使用した。その他、つま先の小さな穴をなくし、アッパーの先端を丸く仕上げ、さらにかかとにデボス加工で「RT」とNIKEのスウッシュロゴが刻まれている。

世紀の名作にビッグデザイナーの綿密なアップデートが施された、プレミアムな一足が完成した。完売必須な今作を買い逃さないようにしたい。

 

【NIKELAB DUNK LUX CHUKKA x RT】

発売日:2月23日

取り扱い:NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、及び NIKELAB販売店