(Editor) | 01, Mar, 2017

WILLY VANDERPERRE『/12』

現在のファッションシーンを代表する写真家が手がけるファンジンが発売

 

《PRADA》や《RAF SIMONS》、《CALVIN KLEIN》といったファッション界に革命を起こし続けるブランドがこぞって起用するフォトグラファーがいる。

ベルギー出身のウィリー・ヴァンダピエールだ。ファッション好きなら、その名を知らぬ者はいないだろう。

先日、今年のオスカー作品賞を受賞した「ムーンライト」のキャストをモデルとした《CALVIN KLEIN》のキャンペーンも、彼が撮りおろした。

 

 

ウィリー・ヴァンダピエールとロンドンの出版社「IDEA」によるファンジン『/12』が3月に創刊する。

『/12』は、ヴァンダピエールが撮影した12人のモデルの中から毎号違ったモデル一人にスポットを当て、毎月1日に刊行するファンジンプロジェクトだ。

 

Clément Chabernaud(C)Willy Vanderperre_03

© Willy Vanderperre

今回同時リリースとなる第1号、2号では、二人のモデルをフィーチャー。今や《GUCCI》や《BOTTEGA VENETA》の顔としても活躍をするフランス人モデルの Clement Chabernaud (クレマン・シャベルノー)と、数多のランウェイに出演し活躍するオーストラリア人モデルのJulia Nobis(ジュリア・ノビス)だ。

 

どちらのモデルもデビュー初期よりヴァンダピエールと共に仕事をしており、特にクレマン・シャベルノーは、初めてのエディトリアルとキャンペーン撮影が彼との仕事だったという。

Julia Nobis(C)Willy Vanderperre_02

© Willy Vanderperre

 

クローズアップやロングショットなど様々なアプローチで撮影された『/12』では、普段トップモデルとしてブランドを体現する時とは異なる、彼ら個人のありのままの姿が映し出されている。ヴァンダピエールと彼らとの信頼関係があってこその、親密で繊細な表情や瞬間が収められている。

 

今後の刊行は、Mica Arganaraz(ミカ・アルガナラズ)、Abbey Lee(アビー・リー)、Jonas Gloer(ヨナス・グロール)、 Kiki Willems (キキ・ヴィレムス)、Natalie Westling (ナタリー・ウェストリン)ら豪華モデルがリストアップされている。

 

毎号300部限定販売で、国内では「BOOKMARC TOKYO」と「代官山蔦屋書店」のみの取り扱いとなる。3月10日(金)より販売開始。月初めに、両店に立ち寄る楽しみができた。

 

 

書籍情報

WILLY VANDERPERRE  『/12

275 x 200 mm

24 ページ

300部限定発行

IDEA刊

3,800円(税別)