Them magazine

SHARE
MUSIC
May 19, 2020
By THEM MAGAZINE

The LATEST MUSIC -今週聴きたい新譜 『how I’m feeling now』-

連載「Them magazineがオススメする今週聴きたい新譜」。今週の一枚はこちら。

Charli XCX『how I’m feeling now』

 

先週紹介したリトル・シムズの『DROP 6』と同じく「コロナ禍」に制作された、チャーリーXCXのニューアルバム『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』。コロナ以前に行っていた作業は中断し、コロナ禍につくられた曲のみで構成されており、インターネットを介したコミュニケーションというコロナ禍の特性を存分に盛り込んだコンセプチュアルなアルバムです。

 

まずチャーリーは、4月初頭に、これから6週間で新アルバムをつくりあげること、そしてユニークな制作方法を取ることをzoomにて発表。その方法とは、歌詞やビート、リファレンス、希望のコラボアーティスト、ミュージックビデオの内容など、さまざまな案をファンから募集し、一緒にアルバムを組み立てていくというものでした。制作期間中は、毎週チャーリーから経過報告のzoomが行われ、instagramやYoutubeなどを通じ、アルバム発表前からリアルタイムなメイキングムービーをシェア。そして6週間の間にミュージックビデオやアートワークなどもすべて制作し、ちゃんと予定通りの5月15日の発表にこぎつけたのでした。

 

 

 

自宅感満載のジャケットアートワークや、『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』(今、私が考えていること)というアルバムタイトルも、単純明快ストレート勝負でよいですね。コロナ禍らしい、DIYなミュージックビデオも楽しい。

 

ベッドルームミュージック(もはやこう呼んでいいのか……)も、来るところまで来たという感じでしょうか。彼女の名を一躍有名にさせた前々作『Pop 2』と同様な路線ですが、その制作期間の短さ、そして制作スタイルも含め、素晴らしい作品になっています。特にこの透明性が高く気取らない自然体なスタイルは、アフターコロナの時代に加速していくんじゃないかと思っていて、歌姫のひとつの未来像を観たような気がしました。音づくりもフューチャリスティックですし。

 

同じく今週リリースされた、モーゼス・サムニーの『グレー』やパフューム・ジーニアスの『セット・マイ・ハート・オン・ファイア・イミディエイトリー』も素晴らしかった。今週は豊作でしたね。

 

 

話は変わりますが、レディオヘッドが、毎週過去のライブ映像をアップし続ける「Stay Home」プロジェクトを数週間前から行っています。

先週公開されたライブは、2016年の「サマーソニック」でした。現場に行かれた方も多いのではないでしょうか? こちらもぜひチェックしてみてください。

 

 

Edit_Ko Ueoka

SHARE