Them magazine

SHARE
MUSIC
Jul 22, 2020
By KO UEOKA

Letter Exchange 1/8 – Bing & Ruth / 原 摩利彦

京都を拠点とし、ピアノやフィールドレコーディング、エレクトロサウンドなどを取り入れながら、情景豊かな作品を発表する音楽家、 原 摩利彦。

NYブルックリンのピアニスト兼コンポーザー、デヴィッド・ムーアを中心とした不定形な室内音響アンサンブル・プロジェクト、ビング・アンド・ルース。

 

奇しくも新アルバムのリリースが年央の同時期に重なった2人による、連載企画がここにスタートする。

まだ出会ったことのない2人をつなぐ、コロナ禍の東京とNYを行き来する不思議な往復書簡。

計8通にわたる手紙のやりとり。そのファーストレターは、原からデヴィッドへと送られた。

一通目のテーマは、「最近、どんなふうに過ごしていた?」。

 

 

1.【一通目】 「最近、どんなふうに過ごしていた?」 原 摩利彦→デヴィッド・ムーア

2,【一通目】 「最近、どんなふうに過ごしていた?」デヴィッド・ムーア→ 原 摩利彦

3.【二通目】 「インスピレーションは何から受ける?最近ハマっていることは?」 原 摩利彦→デヴィッド・ムーア

4.【二通目】 「インスピレーションは何から受ける?最近ハマっていることは?」 デヴィッド・ムーア原 摩利彦

 

 

Diary #1 from Marihiko Hara to Bing & Ruth

はじめまして。最近、どんなふうに過ごしていた?

こんにちは、原 摩利彦です。こちらは京都。梅雨に入り、蒸し暑くなってきました。そちらはどうですか?今も在宅ですか?

 

4月上旬にアルバム《PASSION》ミュージックビデオの撮影をしたのが、仕事で外に出た最後でした。それからずっと自宅にいます。日に日に、家の前の通りは静かになっていって、ある時は街は息を止めたようになっていました。仕事の多くはキャンセルになったので、自作の楽譜を書いたり、オーケストレーションをしたり。また妊娠している妻と映画を観たり、二人でベランダに出て昼食を食べたりして過ごしていました。

VOLVER Catering: アートフェスティバルのオープニングパーティで。数年前に妻の仕事を手伝ってオーガニックの野菜を洗っていたときに、その色や造形の美しさに気づきました。

妻は料理家で「VOLVER(ボルベール)」という屋号でケータリング、「KIKA」という名のレストランをやっていました(どちらも今は休業中)。そう、どちらもペドロ・アルモドバル監督の作品と同名です!二人とも大ファンなのです。『Talk To Her』と『All About My Mother』が特に好きです。

菊菜と、菊菜の花の天ぷら、お蕎麦。

予定日より5週間も早く子どもが生まれてきました。1ヶ月入院しなければならなかったので、毎日自転車で冷凍母乳を病院まで届けに行っていました。感染症のため面会はできませんでしたが、毎日様子を聞くのが楽しみでした。無事退院して今は一緒に暮らしています。家にいて、一日もかかさずに子どもの成長を見られるのは本当に幸せですね。あっという間に時間が過ぎていきます。

家の中のお気に入りの場所はリビングのソファ。ここで自分で淹れたカフェラテを飲みながら、本を読むのが楽しみです。ここで聴くパーフェクトサウンドトラックは、あなたの『City Lake / Tu Sei Uwe』です。この曲の展開とともに部屋に入る日の光が変化していきます。

ローマのホテルでずっとずっと待って出てきたぬるいカプチーノ(笑)。気の抜けたスマイルにやられた。
両アーティストによる新アルバムをチェック。(左)PASSION - 原 摩利彦 (右)Species - Bing & Ruth

 

 

原 摩利彦

京都大学教育学部卒業。同大学大学院教育学研究科修士課程中退。音風景から立ち上がる質感/静謐を軸に、ポスト・クラシカルから音響的なサウンド・スケープまで、舞台・ファインアート・映画など、さまざまな媒体形式で制作活動を行う。ソロ・アーティストとしてアルバム『Passion』『Landscape in Portrait』、をリリース。坂本龍一とのセッションやダミアン・ジャレ+名和晃平「VESSEL」、野田秀樹「贋作 桜の森の満開の下」の舞台音楽、ANREALAGEパリコレクションのショー音楽などを手がける。アーティスト・コレクティブ「ダムタイプ」に参加。

 

 

Bing & Ruth

ビング・アンド・ルースは、NYブルックリンのピアニスト兼コンポーザー、デヴィッド・ムーアを中心とした不定形な室内音響アンサンブル・プロジェクト。ニューヨークのグリニッジ・ビレッジにあるニュー・スクール・フォー・ジャズ&コンテンポラリー・ミュージックで学んだデヴィッド・ムーアは、2006年にビング・アンド・ルースとしての活動をスタート。初期作品はエレクトロニクスとアンビエント・ドローンが交差するサウンド・プロダクションで注目を集め、〈4AD〉からリリースした前作『No Home of the Mind』は米Rolling Stoneなど各メディアから絶賛された。

SHARE