Them magazine

SHARE
BOOK
Jun 17, 2020
By THEM MAGAZINE

Yusuke Yamatani “DOORS” Pop Up Shop in Flotsam books

「フロットサムブックス」にて、写真家・山谷佑介による新作写真集を記念したポップアップショップが開催。

 

写真家・山谷佑介が行う、写真撮影とドラムパフォーマンスが融合したセルフポートレートシリーズ「Doors」。2018年より取り組んできたこの実験的な写真表現の一つの答えが、作品集『Doors』として一般発売される。

 

 

「Doors」のパフォーマンスでは、山谷自身が叩くドラムセットの周囲に複数台のカメラが設置され、ドラムを叩いた振動をセンサーが感知すると、強烈なストロボ光を放ちながら自動でシャッターが切られ、山谷自身が写し出される。撮影された写真はパソコンを経由し、即時に複数台のプリンターからプリントアウト。ドラムを激しく叩き続けることで生まれるトランス状態、そしてカメラと観客を前にしている意識と無意識が邂逅したセルフポートレートでありながら、自動で回転を続けるカメラには山谷に眼差しを向ける観客や会場の様子も写し出される。

 

そのパフォーマンスの場は国内だけにとどまらず、山谷は2019年9月よりヨーロッパ6カ国を巡る1ヶ月間の「Doors」ツアーを敢行。走行距離4,980km、全8回のパフォーマンスで得たセルフポートレートの数は3,563カットに及んだという。

 

 

写真集にはパフォーマンスで撮影された写真に加え、ツアー中の風景や、食事、ホテル、出会った人々の姿が淡々と配置される。また、開催を告知するフライヤーや現地から書いた絵葉書、ドラムを叩いた痕跡を記録したフォトグラムや、帰国後に現地の人々から届いた写真なども、この写真集を構成する重要な要素となっている。巻中には山谷自身による2万字のインタビューも掲載。約2年間に渡り、写真家自身が手探りで世界に身を挺していった中で見えてきた現在の写真観をまとめた渾身の一作となった。

 

 

発売を記念して実施される「フロットサムブックス」でのポップアップショップでは、新作写真集はもちろんのこと、限定Tシャツや作家の過去の作品集も展開。期間中は作家本人も在店し、生の声を聞くことができるのも嬉しい。

 

山谷佑介『Doors』ポップアップショップ

【期間】6月20日(土)、21日(日) 12:00-20:00頃
【場所】flotsam books
【住所】東京都杉並区和泉1-10-7

 

 

山谷佑介『Doors』
【価格】10,000円+税
【デザイン】鈴木聖
【発行】ギャラリー山谷、 2020年
【製本】ペーパーバック
【ページ】400ページ、モノクロ。 別冊16ページ英語テキスト付き。
【判型】297 x 210 mm (A4判)

 

※当初、この写真集はヨーロッパツアーの資金を集めるクラウドファンディングの支援者たちに限定181冊で配られましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大や世界の分断の加速を受け、「自由に車でヨーロッパを移動し、様々な場所で半裸の東洋人がパフォーマンスを繰り広げた、この一種ロードムービー、そしてドキュメンタリー的な写真集をより多くの人々に見てもらい、懐かしさを伴う過去や、来たるべき未来に対して思いを巡らせてもらいたい」という山谷の考えから、支援者たちの許可を得て、表紙を変更して一般発売される運びとなりました。

SHARE