Them magazine

SHARE
BOOK
Oct 09, 2020
By THEM MAGAZINE

Ramdane Touhami first magazine “WAM”

ラムダン・トゥアミによる自身初のマガジン、「WAM」が発刊。

《オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー》を指揮するラムダン・トゥアミによるマガジン、「WAM」が登場。自身のテイストを表現することに徹頭徹尾こだわった内容だ。ラムダン・トゥアミが友人や昔からの知己を訪れる形式で行われたユニークなインタビュー特集など、ユーモアたっぷり、時にはざっくばらんな口調で弾む会話が、精緻を極めたタイポグラフィとインパクトあるグラフィックとのコントラストを成している。

 

エディトリアルでは無人のルーブル美術館を訪れたり、バレンベルグ野外博物館と江戸東京たてもの園を通じて彼が最も愛する日本とスイス両国の魅力を検証。30日間ノンストップのショッピングヒストリーの紹介も。また好奇心おう盛な自転車乗りでもある彼は、立ち並ぶアパルトマンの扉を飾るオーナメントや、街のあちこちに象られた市の紋章から、歴史と美が彩るパリの魅力を語る。対談が掲載されたのはダビデ・ドゥ・ジーリオ(ヴィンテージ55、New Guards Group創設者)、トーマス・レンサル(クリエイティブディレクター)、野村訓市(俳優・デザイナー)、ヨルゴ・トゥルーパス(クリエイティブディレクター)、ステファン・アシュプール(PIGALLEデザイナー)、アルチュール・カー(カーデザイナー)、ゴーティエ・ボルサレロ(HOLIDAYデザイナー・スタイリスト)、長谷川香苗(文筆家)など。精緻なタイポグラフィ、上質な光沢紙、ナルシシズム全開の広告と、歯に衣着せぬ語調が魅力の内容は、雑誌マニアでなくても必見の一冊だ。

¥3,500+(tax) 296ページ・フランス語 / 英語監修ARI / 印刷S.H.I.T、アトリエAGPOGRAF

本誌は、いわばラムダン・トゥアミがインスタグラム投稿時代に送り出す究極の自己中心的マガジンだ。常に枠にとらわれない活動で、我々を驚かせる彼だが、その世界観が詰まったこの一冊を手に取ればラムダンワールドへ一歩入り込めるかもしれない。

 

【販売日】

10月9日

 

【販売店舗】

「代官山 蔦屋書店」、「bonjour records 代官山」、「bonjour records渋谷」、「bonjour records 京都新風館」、「bonjour records 福岡PARCO」、「ビュリーのブティック*」、「ビュリーオンラインストア*

 

*近日発売予定

 

【問い合わせ先】

Buly Japan

ADDRESS:東京都渋谷区神宮前5-22-5 C号室

TEL.0120-09-1803

buly1803.com/jp/

SHARE