Them magazine

SHARE
BOOK
Oct 27, 2020
By KO UEOKA

STONE ISLAND : STORIA

《ストーンアイランド》を知り尽くす決定版

1982 年の創業以来、最先端のアウターを世に送り出し続け、世界中で熱狂的なファンを獲得してきた《ストーンアイランド》。ファッション性と機能性を追求したこの稀有なブランドは、ミラノのパニナリやイギリスのサッカーファン、そしてアメリカのヒップホップファンらから熱狂的な支持を集めてきた。約40年にわたって技術とカルチャーとともに歩んできたブランドの歴史が、余すことなく濃密にまとめられたのがこの『STONE ISLAND : STORIA』。リッツォーリ社から出版され、イタリア語でシンプルに「歴史」と名付けられた本作は、大まかに2章に分かれた構成だ。

前半の章「THE HISTORY OF STONE ISLAND」には、代表的なアイコニックピースとともに、時代を彩ってきたエディトリアルフォトを時系列順で掲載。またウィメンズにフォーカスし、ハードではなくしなやかな素材を使用した「SERIE100」や、2008年から続く《アクロニウム》のエロルソン・ヒューが手がける「STONE ISLAND SHADOW PROJECT」といったラインまで網羅されている。他にも歴代の広告キャンペーンや、展覧会、こだわりのガーメントダイやテクニカル素材の開発、プロダクトの生産を担うさまざまな工程の工場なども収録。

後半の章「LIFE」では、ブランドを支えてきたカルチャーの解説に加え、《ストーンアイランド》を纏ったイギリスのカジュアルズやオアシスのギャラガー兄弟、ペット・ショップ・ボーイズ、ラッパーのドレイクやトラヴィス・スコットなどが登場。そして《シュプリーム》や《ナイキ》などとのコラボレーションも丁寧にまとめられた。ユージーン・ラブキン、ポール・ゴーマン、ジアン・デレオンといった豪華メンバーがテキストを執筆している点も見逃せない。

 

ファッションシーンにおけるヒエラルキーの外で独自の地位を確立した、唯一無二のブランドヒストリーを辿ることのできる貴重な本作は、往年のファンはもちろんのこと、《ストーンアイランド》の“沼”へ踏み込む第一歩としてもオススメしたい。

 

 

また、10月28日(水)より、出版を記念したポップアップショップが「伊勢丹 新宿店」にて開催される。

すでにフラッグシップストア「STONE ISLAND TOKYO」では完売となっている本作特装版の再販に加え、今シーズンを代表するコレクション「Ghillie Laser Camo」のラインナップより厳選した 4 アイテムをブラックで仕上げた、世界中でこのポップアップでだけ購入可能なエクスクルーシブアイテムの販売や、商品購入者を対象にしたノベルティの謹呈も行われる。

ポップアップは 2 部構成となり、第 1 部は「Ghillie Laser Camo」コレクションをメインに据え、ブランドの世界観を体験できる空間を構築。第 2 部では「ストーンアイランド シャドウプロジェクト」をフルラインナップで揃える。

ぜひ二度訪れて、ブランドへの知識をより深めたい。

 

Photography_Toru Oshima.

Edit_Ko Ueoka.

STONE ISLAND ISETAN SHINJUKU POP UP

会期:2020 年 10 月 28 日(水) ~ 11 月 24 日(火)

第一部:STONE ISLAND
10 月 28 日(水) ~ 11 月 13 日(金)

第二部:STONE ISLAND SHADOW PROJECT
11 月 14 日(土) ~ 11 月 24 日(火)

場所:伊勢丹 新宿店 メンズ館 2 階(東京都新宿区新宿 3-14-1)
価格:書籍 10,200 円、ジャケット 165,000 円、フーディ 73,000 円、クルーネックスウェット 52,000円、パンツ 75,000 円(全て税抜)
問い合わせ先:STONE ISLAND 伊勢丹新宿店 03-5367-8788
※ノベルティグッズの謹呈は先着順となり、一度の会計で 30,000 円(税抜)以上をご購入頂いた方を対象とします

ストーンアイランド:ストリア

Hardcover / 9.5” x 12.5”
Publisher_ Rizzoli New York
写真は、スリップケースと歴代の《ストーンアイランド》のバッジのポスターが付く特装版。

STONE ISLAND

1982 年、マッシモ・オスティによって創業。革新的な素材使いとこだわりのディテールで、一躍その名を馳せる。96年にマッシモ・オスティはブランドを離れ、現在はクリエイティブディレクターでオーナーのカルロ・リヴェッティが舵をとっている。

SHARE