Them magazine

SHARE
MOVIE
Aug 20, 2021
By KO UEOKA

Go See a Movie : 映画館へ行こう! 濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』

自分の深いところを見つめ、前に進む

 

長い長い道をゆく、赤いサーブ900。派手な色彩が抑えられた作品中で、この車だけが色鮮やかであり、重要な舞台、そして多様なメタファーとして機能しながら路を駆ける。秘密と告白をめぐる人間ドラマから、人生における喪失と再生を静かに描き出す、『寝ても覚めても』の濱口竜介監督による最新長編作『ドライブ・マイ・カー』は、カンヌで脚本賞を受賞したほどの脚本の構成力に注目したい。

村上春樹の短編集『女のいない男たち』に収録された同名短編小説を原作に据え、同じ短編集に収録されている『シェエラザード』『木野』のエピソードを巧みに投影。さらに『ワーニャ伯父さん』や『ゴドーを待ちながら』といった戯曲を取り入れるなど、原作の世界観を尊重しながらも大胆なアレンジを加え、映画としての物語に重層的な深みを与えた。

 

撮影を手がける四宮秀俊の、不穏さと緊張感を漂わせるキレのあるショットの連続も見事(特にロングショットは圧巻!)。抑制の効いた音楽、他を考えられないほど適役揃いで熱演を果たす俳優陣、アジアを中心とした6カ国から集まった海外キャストによる他言語の演出。すべてのピースが完全にはまった、一分の隙もない完璧な179分だ。野村芳太郎監督の『砂の器』(1974)を彷彿とさせるラスト20分の衝撃は、映画史において語り継がれることだろう。

 

ドライブ・マイ・カー

2021年/日本/日本語/179分
TERM 8月20日〜
SCREEN TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー
URL dmc.bitters.co.jp

濱口竜介

1978年、神奈川県生まれ。『寝ても覚めても』(2018)では、商業映画デビュー作にしてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。短編集『偶然と想像』(21)でベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員大賞)受賞。商業長編2作目となる『ドライブ・マイ・カー』(21)は、第74回カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞。

 

ⓒ2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

Edit_Ko Ueoka.

SHARE