Them magazine

SHARE
ART
Sep 03, 2021
By KO UEOKA

OSCAR MURILLO | By Means Of A Detour

“プリミティブ”が指し示すこと

2019年の「ターナー賞」を他3 人の作家と共同受賞した、ロンドン拠点のコロンビア人アーティスト、オスカー・ムリーリョ。作家の作品はペインティングやパフォーマンス、ドローイング、共同制作、彫刻、サウンドなど、さまざまなテクニックやメディアを用いて制作され、リサイクルされた素材やスタジオで集められた断片などが使用される。作品の多くは、スタジオで複数のプロセスを経て展示され、作者自身の転居の経験やグローバリゼーションがもたらす社会的影響が反映されている。

今書籍は単なる作品集ではなく、展示で世界を飛び回り、賞を受賞し、アーティスト活動の開始から10年の節目という、彼にとってビックイヤーであった2019年の躍動がドキュメンタリー的に捉えられているのが特徴的だ。パフォーマンスのドキュメンテーションから、ケータリングをほおばる裏方の時間までが掲載され、『flight drawing』と名付けられたドローイングや、LGBTQやレイシズム、難民など人権問題を扱ったコラージュ作品『NEWS』なども網羅。雑誌『モダンマター』を手がけるオル・オドゥコヤによる、遊び心溢れる装丁や編集も見事で、オルが重視したという“プリミティブ”さが作家の活動の真意を際立たせている。9月4日より「タカ・イシイギャラリー」にて、個展も開催予定なのでこちらもチェックしたい。本書を見た後だと、その印象も変わるだろう。

 

¥ 7,700 (twelvebooks)

OSCAR MURILLO

オスカー・ムリーリョ 1986年、コロンビア生まれ。幼少期にロンドンに移住。2012年にロイヤル・カレッジ・オブ・アーツ修士課程修了。19年、「ターナー賞」を他3人の作家と同時受賞。9月26日まで、六本木の「森美術館」で個展を開催中。

Photography_TORU OSHIMA.

Edit_KO UEOKA.

SHARE