Them magazine

SHARE
ART
Nov 08, 2021
By THEM MAGAZINE

EAMES Office 80 Years of Design

設立80周年を記念した「イームズオフィス」のイベントが「伊勢丹新宿店」で開催


「伊勢丹新宿店」は11月5日(金)より、「イームズオフィス」設立80周年を記念し、「Eames Office: 80 Years of Design」を開催。イベントでは、チャールズ&レイ・イームズ夫妻と、彼らが立ち上げた「イームズオフィス」が社会にもたらした影響を3つのテーマと共に探っていく。さらに、新旧のパートナーとコラボレーションし、先行・限定販売の14アイテムを含む、約90に及ぶアイテムの展示販売を行う。

【先行】Plywood sculpture ※店頭展開のみ ※価格は店頭でお問い合わせください
【先行】Eames Modular House ※店頭展開のみ ※価格は店頭でお問い合わせください
【先行】Eames Lounge Chair and Ottoman, Natural Leather and White Oak Veneer ¥1,431,100 ※店頭展開のみ
【限定】Plywood Mobile (Model A) –Special Version: Natural Birch Veneer ¥14,300
【先行】Puzzle “Eames Classic Designs” ¥2,200
Club C “Eames” ×reebok ¥15,400
Eames Plywood Legsplints  ※店頭展開のみ ※価格は店頭でお問い合わせください
Eames Wire Base Low Table  "Eucalyptus" ¥91,300

1941年にロサンゼルスで設立された、デザイン事務所「イームズオフィス」。チャールズ&レイ・イームズ夫妻は、ここから建築、家具、映像など、さまざまな分野から数多くの名作を生み出してきた。今展では、設立から80周年となる「イームズオフィス」の残した作品とそれらが社会にもたらす影響を「Art & Technology」、「Architecture & Interiors」、「Play & Learn」の3つの側面から探っていく。
「Art & Technology」では、夫妻の作品の間で常に相互作用してきた、アートとテクノロジーから生まれた初期の作品に光を当て、彼らの創造性の原点を垣間みることができる。
「Architecture & Interiors」では、1946年よりパートナーシップを結ぶ《ハーマンミラー》や、スイスの家具メーカー《ヴィトラ》といった長きに渡るパートナーシップを結ぶ彼らとの共作から、新作チェアなどを先行販売。さらに、伝統的な日本の美的要素を取り入れた「イームズハウス(1949年)」の幅約3メートル(1/20スケール)の模型の展示(予約販売)も行う。
「Play & Learn」では、新たにパートナーシップを結んだ3社とのコラボレーションシリーズを展開する。
オーストラリアのボードスポーツブランド《グローブ》とのシリーズ第1弾として「イームズハウススケートボード」を発表。《リーボック》とは、ブラック、ホワイトの2色のスニーカーからなる「モノトーンパック」をリリース。世界的に知られるトランプメーカー《アートオブプレイ》とは、「イームズプレイングカード」という先行トランプシリーズといった、バラエティ豊かなラインナップが揃った。
新旧含め、パートナーシップを結ぶ会社の数々は、色褪せることのない「イームズオフィス」のデザイン哲学と共鳴している。現代家具の礎を築いた「イームズオフィス」とその仲間たちの手による作品の数々を、会場で手にとってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

【開催情報】
会期:2021年11月5日(金)〜2022年1月5日(水)
会場:「伊勢丹新宿店 本館」2階 イセタン ザ・スペース
時間:10:00-20:00
【販売情報】
本イベントでの展開商品の一部は三越伊勢丹オンラインストアでも販売
期間:11月5日(金) 10:00〜を予定

 

問合わせ先

伊勢丹新宿店

TEL.03-3352-1111  大代表

 

SHARE