Them magazine

SHARE
MUSIC
Dec 02, 2021
By THEM MAGAZINE

INTERDIFFUSION A Tribute to Yoshi Wada

世界的現代音楽家、ヨシ・ワダの追悼コンサートが開催


2021年12 月 18 日(土)、ドローン音楽の世界的なパイオニアの一人であり、今年5月に逝去したヨシ・ワダこと和田義正のトリビュートコンサート「INTERDIFFUSION A tribute to Yoshi Wada」を山梨県北杜市の特設会場にて開催。 トリビュートコンサートでは日本を拠点にしながら世界を舞台に活動する2人の現代音楽家、日野浩志郎(goat / YPY)と FUJI|||||||||||TA の両者が、和田氏から得たインスピレーションを出発点とし、新作のコンサートピースを発表する。

1943年に京都で生まれ、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)で彫刻を学んだ後、1960年代後半からニューヨークを拠点に活動した現代音楽家ヨシ・ワダこと和田義正氏。
歴史的なミニマル作曲家であるラ・モンテ・ヤングやインド古典声楽の師範であるパンディット・プラン・ナートなどに師事する一方で、配管マウスピースをつけたパイプホルンをはじめとする楽器の創作や、それらを用いて作曲を行うなど、幅広く創作活動を展開していった。
ニューヨークで多くの実績を積みながらもアーカイヴは少なく、近年までは知る人ぞ知る現代音楽家だったが、2007年から2012年にかけて、一連のアーカイフヴが大阪拠点のレーベル・エムレコードと実験音楽専門レコード屋の「オメガポイント」により共同リリースされ、世界的に評価されることとなった。以降、ヨーロッパやアメリカなどで再度頻繁にコンサートを行うようになり、亡くなった 2021年5月にはヨシ・ワダ最高傑作とも言われる『The Appointed Cloud』の初レコード化がアウンスされたばかりだった。
トリビュートコンサートでは、ヨシ・ワダから多大な影響を受けた日野浩志郎(goat / YPY)とFUJI|||||||||||TAの両者をはじめ、演奏に嵐田紀子(サックス)、石原只寛(サックス)、カメイナホコ (サックス)、竹内理恵(サックス)、立石雷(篠笛・パーカッション)、富田真以子(パーカッショ ン)、中川裕貴(チェロ)、甲斐宣明(音響)の8名を迎えた。
日野浩志郎、FUJI|||||||||||TAら現代の音楽家たちによる新たな表現と、ヨシ・ワダが開拓した“音”の芸術を全身で体感してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開催情報】
INTERDIFFUSION A tribute to Yoshi Wada (インターディフュージョン ア・トリビュート・トゥ・ヨシ・ワダ)
開催日時 : 2021年12月18日(土) ①12:00 open / 13:00 start ②16:30 open / 17:30 start
会場 : INTERDIFFUSION A tribute to Yoshi Wada 特設会場
住所 : 〒408-0102 山梨県北杜市須玉町比志 3611-6
出演 : 日野浩志郎 FUJI|||||||||||TA 嵐田紀子 石原只寛 カメイナホコ 竹内理恵 立石雷 富田真以子
中川裕貴 甲斐宣明(WHITELIGHT)
料金 : [一般]4,500円(税込) / [U25割引]2,500円(税込)
収容人数 : 各公演限定80名

Instagram : @interdiffusion.yoshiwada

Twitter : @Interdiffusion_

 

SHARE