Them magazine

SHARE
ART
Feb 22, 2021
By THEM MAGAZINE

Mame Kurogouchi presents uniform design for Nagano Prefecutural Museum of Art

《マメ クロゴウチ》のデザイナー・黒河内真衣子による長野県立美術館のスタッフユニフォームを発表


《マメ クロゴウチ》を手がける黒河内真衣子が、長野県立美術館(旧信濃美術館)本館および東山魁夷館のスタッフユニフォームのデザイン担当に就任。そして今回、4月10日(土)に迎える本館の新築オープンに先駆けて両館共通のユニフォームデザインが発表された。

本スタッフユニフォームは美術館を取り巻く荘厳な自然と、東山魁夷が描いた深みのあるブルーをインスピレーションにデザインの制作が行われた。

 

シャープなアールカッティングが施されたドレスに加え、セットでの着用を想定した比翼仕立てのダブルブレストジャケットがラインナップ。着用者の体をなめらかにフレーミングしつつ軽やかな着心地を兼ね備えたウエアは、機能性を損なうことなくシックなムードに仕上がった。ジャケット首元のスカーフには長野県の県花であるリンドウの刺繍があしらわれており、レセプションなどの美術館に想定されるフォーマルなシーンを美しい建築空間と一体となって上品に彩る。

 

さらにブランドの10周年を記念し、同館にて6月19日(土)から8月15日(日)までの間で《マメ クロゴウチ》単独での展覧会「10 Mame Kurogouchi」が開催。着想源となった写真やテキスト、デザイナー自身のダイアリーなどの品々に加え、コレクションのアーカイブが展示され、ブランドの思想が根底から映し出される。10年間にわたり発表を行なってきたコレクションを構成する要素の視覚化を試みる本展。展覧会と合わせて発売される作品集は、テキストと写真を中心に「読む展覧会」として、展覧会と共に味わうことでデザイナーのルーツである長野の地でクリエイションの源泉にじっくり浸ることができる。

 

 

改築工事の終了とともに4月10日(土)より開館される長野県立美術館は、「ランドスケープミュージアム」のコンセプトとともに新しく生まれ変わる。拡充された展示とともに、大自然や歴史的景観に囲まれた空間でアートに触れてほしい。

 

 

【展覧会情報】
10 Mame Kurogouchi
会期:6月19日(土)〜8月15日(日)
会場:長野県立美術館 展示室3
観覧料:一般 500 円、高校生以下無料
住所:〒380-0801 長野市箱清水 1-4-4 善光寺東隣
www.npsam.com

 

【問合わせ先】
長野県信濃美術館広報・マーケティング室
TEL. 026-232-0052
Mail. npsam@npsam.com

SHARE