Them magazine

SHARE
ART
Mar 10, 2021
By KO UEOKA

Interface approach by Ryu Ika

新時代の写真家、Ryu Ikaのエキシビションが「flotsam books」にて開催

2019年に第21回写真「1 WALL」でグランプリを獲得した、内モンゴル自治区生まれの写真家Ryu Ika。2020年8〜9月に開催した個展『The Second Seeing』(ガーディアン・ガーデン) でも、新時代の写真表現として注目を集めた彼女による、自身初となる出版社刊行の写真集が、「赤々舎」と「Newfave」より2タイトル同時発売される。その刊行を記念したエキシビション「Interface approach」が、「flotsam books」にて3月12日(金)より開催。

 

『The Second Seeing』赤々舎 297x223mm 292ページ ¥5,500 (tax in)
『Mémos』Newfave 257x184mm 28ページ 2L版プリント付 100部限定 ¥2,750 (tax in)

会期中には、Ryu Ikaと写真家・横田大輔、「Newfave」を主催する大山光平、「flotsam books」店主・小林孝行によるフリートークがインスタライブにて配信される。立場や世代の異なる4人のクロストークも欠かさずチェックしたい。

 

 

「Interface approach」

会期 2021年3月12日 (金) – 28日 (日)
会場 flotsam books
〒168-0063 東京都杉並区和泉1丁目10-7

 

フリートーク
Ryu Ika x 横田大輔 x 大山光平(Newfave) x 小林孝行 (flotsam books)

日時 3月19日(金) 19:00-20:00

*インスタライブによる配信

 

 

 

 

SHARE