Them magazine

SHARE
ART
Feb 17, 2022
By THEM MAGAZINE

「contemporary – ism」 at 「Objet d’art」

アートのある暮らしを提案する企画展「contemporary – ism」が開催


2022年3月4日(金)〜4月3日(金)の期間で、日本家屋の要素を色濃く残したギャラリースペース「Objet d’art」にて、企画展「contemporary – ism / 現代作家による家具作品とアート展」が開催される。

本企画展は、ベルギー出身の現代作家を中心にセレクトされた家具作品を、Art Salon SCÈNEにより提供されたアート、ヴィンテージ家具作品と交えて展示。
現代作家による家具作品は、芸術性はもちろんのこと、実用性にも長けており、機能するアートとも呼べる。近年では、ピエール・ジャンヌレやジャン・プルーヴェなどの作品群が顕著だが、実用性もヴィンテージ家具作品の評価軸の1つになってきた。
本企画展は、観賞者に芸術性だけでなく、実用性も体感してもらうことで機能するアートを生活に取り入れた暮らしを提案するとともに、未来のピエール・ジャンヌレやジャン・プルーヴェとなり得る作品を紹介する。

 

期間中は出展作品の販売、受注とともに、同時に展示されるアート、ヴィンテージ作品の販売も行われる。これを機に、アートのある暮らしへの端緒を開いてみてはどうだろうか。

 

【開催情報】
「contemporary – ism / 現代作家による家具作品とアート展」
会場:Objet d’art
住所:東京都江戸川区小松川4-64
会期:2022年3月4日(金)〜4月3日(金)
時間:11:00-19:00
入場:無料
協力:Art Salon SCÈNE
主催:株式会社イニシャルジャパン Objet d’art
作家:Ben Storms, Nel Verbeke, Sigrid Volders, Thomas Serruys
※新型コロナウイルスの感染者増大に伴い、会場は事前アポイントメント制での案内となっている。
【問い合わせ先】
Objet d’art
TEL.03-6807-0554

SHARE