Them magazine

SHARE
CULTURE
May 06, 2020
By MARIN KANDA

HOT TOPIC -海外セレブ&エンタメ情報-

HOT TOPIC -海外セレブ&エンタメ情報-


Them magazineがチェックする海外からのホットトピック。2020/05/06

 

今年はコロナの影響で中止となってしまいましたが、5月第1週の月曜日は世界中が注目する「Met Gala」が行われる日。私も毎年楽しみにしています。特に、今年はメトロポリタン美術館が開館150周年を迎える記念すべき年であり、バージニア・ウルフに関するテーマだと知って期待していたぶん、無期限延期は残念な気持ちは大きく……。2020年の「Met Gala」はヴァージニア・ウルフの小説と、フランスの哲学者アンリ・ベルクソンが「創造的進化」で述べた“定刻の理論”に触発され、“時間について:ファッションと持続時間”をテーマに、クチュールファッションを通じて時間経過を考えるというもの。「時間とファッションは永久的に繋がっており、時代の精神を反映して表すだけでなく、時代とともに変化し、発展するもの」と、メトロポリタン美術館の衣装研究所のキュレーターであるアンドリュー・ボルトンはコメントしています。

 

そもそも、「Met Gala」とは1995年からアメリカ版『Vogue』の編集長アナ・ウィンターが主催者を務めるファッションの祭典。煌びやかなレッドカーペットが最大の目玉ですが、ただのパーティーではなく、主な目的はメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュートの資金調達。もちろんゲストは参加費を払う必要はないですが、出席するチャンスを掴んだ人はチケットに約330万円、もしテーブルを抑えるなら約3000万円を支払います。収益はなんと8桁の金額になるのだとか。また、「Met Gala」は、コスチューム・インスティテュートが毎年開催するファッションの展覧会のオープニング・イベントでもあるんです。

 

そんな重要なイベントが無期限延期となった中、真っ先に動き出したのがビリー・ポーター。自身のInstagramで「#MetGalaChallengeを開催する」と宣言したのです!過去のセレブたちが着用したルックを自分なりに再現して、ハッシュタグとともにアップするというこのチャレンジは、アナ・ウィンター率いる『Vogue』も公認でかなり盛り上がりをみせているよう。私が気になったルックをここでピックアップしてみました。

 

ビリー・ポーター
2019年 “キャンプ” 《ザ ブロンズ》

 

正直なところ、筋骨隆々なメンズたちに担がれて登場したビリーをみたときは思わず笑ってしまいました。ヘッドアクセサリーまで再現度が素晴らしいですよね。

 

ジャレッド・レト
2019年 “キャンプ” 《グッチ》

 

ランウェイでも見るものをざわざわさせた《グッチ》の生首がここでも。チャレンジしているかたは合成か何かで生首を再現。

 

エズラ・ミラー
2019年 “キャンプ” 《バーバリー》

 

この7つの目も話題になりました。セクシュアルカミングアウトをしたエズラのノンバイナリーなスタイルはかなり注目されています。

 

リアーナ
2018年 “天国のボディ” 《メゾン マルジェラ》

 

リアーナは2015年の《グオ ペイ》もかなりインパクトがありましたが、この教皇を思わせる《メゾン マルジェラ》の衣装もため息が出るほど綺麗です。家庭にあるものでかなりの再現度。

 

リリー・コリンズ
2018年 “天国のボディ” 《ジバンシィ》

 

 

これは私が個人的に大好きな《ジバンシィ》のドレス。そしてヘッドアクセサリーもヘアメイクも素晴らしくて、初めて見たときは心から感動しました。チャレンジしている女の子もとってもかわいい……。(チャレンジとは関係ないですが、ダイアナ妃の《ディオール》や、ケイト・モスの《カルバン クライン》、リリー・ローズ・デップの《シャネル》も好きです)。

セレブたちは過去のルックをシェアするだけでなく、今年着るはずだったドレスを纏った写真をInstagramにアップしています。また、『Vogue』のYoutubeチャンネルではライブストリーミングを行った他、これまでの歴史やアナ・ウィンター、カーディ・Bが登場して「Met Gala」についてのさまざまなコンテンツを配信しているのでチェックしてみてください。2015年の「Met Gala」の舞台裏を題材にしたドキュメンタリー映画『メットガラ』があるので、そちらもおすすめ。豪奢なファッションの世界には気の遠くなる裏方の世界があるということを教えてくれます。

 

《ジャックムス》の顔、ヒールチャレンジや、《ミウミウ》の#MiuMeなどさまざまなチャレンジがInstagramで行われています。最新のチャレンジでは《ジバンシィ》の#GIVENCHYACTINGCHALLENGEがTikTokでスタート。シャーロット・ランプリングがマーク・ジェイコブスの頰を引っ叩くという衝撃的な内容が話題になった2020年春夏のキャンペーンは記憶に新しいですよね。このチャレンジはシャーロットとマークの声に合わせて演技をするというもの。(こちらはスタートしたばかりですが、果たして盛り上がるのか……?) ステイホームだからこそファッションの力の大きさを実感する日々。《ヴァレンティノ》の2020-21秋冬キャンペーンは在宅で撮影するチャリティープロジェクトになるようなので公開が楽しみです。

 

 

Edit_Marin Kanda

SHARE