Them magazine

SHARE
CULTURE
May 16, 2020
By MARIN KANDA

“The Masks” Project

“The Masks” Project


マスクをキャンバスに、芸術性を携えたマスクプロジェクトが始動。

 

新型コロナウイルスの感染が拡大する今、生活に欠かせないアイテムの1つとなってしまったマスク。アート、そしてチャリティの要素を織り混ぜた、ギャラリー型プロジェクト“The Masks”がスタートしています。

 

国内外のアーティストやデザイナー、写真家などが手掛けたデザインマスクを取り扱うこのチャリティプロジェクトは収益の50%をコロナウィルスの対応に尽力する 医療機関(日本赤十字社)へ寄付。 また売上の一部を、製作や展示活動が制限されているアーティストへの支援として活用していくというもの。

 

各マスクは1点¥2,980+(tax)で、日本国内で開発された銀イオン用いた繊維を使用し強い抗菌・防臭効果はもちろん、繰り返しの洗濯も可能なのが嬉しいです。

鈴木親氏 デザイン
SKATE THING氏 デザイン

 

第1弾の参加者はフォトグラファーの鈴木親氏やグラフィックデザイナーのSKATE THING氏、画家の五木田智央氏、アーティストのオートモアイ氏などが名を連ねています。販売直後にほとんどがソールドアウトとなってしまいましたが、第2弾以降もあるのではないか……と思うので、販売のタイミングを逃さないように。

五木田智央氏 デザイン

私はよっぽどのことがない限り、マスクとは縁のない人生だったのでマスク生活に少しずつ鬱々とした気持ちが溜まっていたのですが、今は毎日身につけるものですし、せっかくならストーリーのあるものを選びたいですよね。そして、少しでも誰かのサポートになるものを。詳細や、購入に関しては公式のサイトなどをチェックしてみてください。
余談ですが、最近私はNetflixの『ミッドナイト・ゴスペル』にハマっています。こちらもぜひ。

 

 

 

Kanda

SHARE