Them magazine

SHARE
FASHION
Mar 24, 2021
By THEM MAGAZINE

KIDILL KYOTO at FUJIIDAIMARU

《キディル》が京都・藤井大丸7階に新たな旗艦店をオープン


末安弘明手がける《キディル》が、京都・藤井大丸7階にて新たな旗艦店「KIDILL KYOTO」を4月3日(土)よりオープンする。

渋谷・神宮前の「KIDILL ROOM」に続いて、国内2店舗目となる今回のフラグシップショップ。店内内装の制作はディレクションを「CANVAS」の金尾彰典が、設計・インテリアデザインには「everedge」 の井上拓馬と上野翔太がそれぞれ担当。土や石、木といった原始的な素材をそのまま展示するアプローチが特徴的な60年代末から70年代の芸術運動、“もの派”にインスパイアされてデザインされた空間は、”RAW”というコンセプトのもとミニマムなムードが創出された。

 

石、ガラス、モルタル、焼き杉といった異素材の特性が繊細に表現された静謐な内装は、一見すると《キディル》が持つパンク精神やメッセージ性の強さと相反している印象を受ける。しかし、「“もの派”は、作品を作家の意図だけに従属させず、広く世界に向かって開くことで、自己と世界とが出合う場にしようとした運動としても知られ、コロナ渦においてユースに夢を持ってもらいたい、その道しるべになりたいという想いによってより一層輝きを増す《キディル》のマインドとも重なり合うものがあった」と制作陣が述べるように、2つの異なる要素がどこか深い領域で共鳴し、《キディル》の新たな可能性を予感させるスペースとなった。

 

また同店でラインナップされるアイテムには、パンキッシュな《キディル》のコレクションラインを中心に、《ルルムウ》や《マッド フルーツ》、《ボディソング》といった新鋭ブランドの厳選されたプロダクトも登場。さらにオープン記念品も発売される。

 

 

ブランド創立から目覚ましい躍進を遂げ続ける《キディル》の創造力が、今回の「KIDILL KYOTO」でも余すことなく発揮されている。実際に店舗へ足を運んでみて、その空間を確かなものとして味わって欲しい。

【開催情報】
「KIDILL KYOTO」
オープン日:4月3日(土)
住所:〒600-8031 京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町605番地
営業時間:10:30〜20:00

【問合わせ先】
Sakas PR
https://sakaspr.jp

SHARE